K-POP大型新人TREASURE 国籍は関係なく資質で決めたYG ENTERTAINMENT日本支社 渡邉喜美代表取締役社長に聞く

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

BTSやBLACKPINKの北米を含めた世界的な成功で、ますますグローバルマーケットでの存在感を高めるK-POP。“ネクストブレイク”探しが始まるなか、韓国で2020年、超大型ボーイズグループ「TREASURE(トレジャー)」がデビューを果たした。彼らはBIGBANGやWINNER、iKON、BLACKPINKらを擁するYG ENTERTAINMENT(以下、YG)の所属。同社が放ってきたグループのクオリティーの高さから、将来的に韓国音楽業界をけん引する存在となるスーパールーキーであることに間違いないだろう。

(C)YG ENTERTAINMENT

20年8月7日にシングル『THE FIRST STEP:CHAPTER ONE』で韓国でデビューして以来、TREASUREはすさまじい勢いでその人気をワールドワイドで伸ばしてきた。デビュー直後には、米ビルボードの「ソーシャル50」に同年デビューした韓国新人グループの中では最速でランクイン。以降も9月、11月には『THE FIRST STEP』シリーズのシングルを、1月にはアルバムをリリース。シリーズの累計売上枚数は100万枚を突破している。年末年始にかけては、韓国の主要授賞式で新人賞を相次いで受賞。Twitterによる「2020年、最も早く成長したK-POPスター」でも1位を獲得した。

日本では、正式デビューに先駆けて、1月5日から放送が始まったテレビアニメ『ブラッククローバー』のエンディングテーマ曲を歌うことが決定。曲名は『BEAUTIFUL』、「前向きで、夢に向かって諦めない思い」というアニメのテーマと彼ら自身の立場がオーバーラップした楽曲だ。初オンエア後はアニメのファンも巻き込んで、ツイートが50万件にも上り、Twitterの世界トレンドで1位に。同月22日には、事前告知なしで『BEAUTIFUL』のサプライズ配信を開始し、LINE MUSICなどでリアルタイムランキング1位を獲得。若年層やライト層への浸透ぶりを示した。

メンバー構成に隠された理由

そのTREASUREが3月31日、アルバム『THE FIRST STEP:TREASURE EFFECT』で、待望の日本デビューを果たした。すでに韓国でリリースし、18カ国のiTunesチャート1位を獲得したアルバムの全編日本語バージョンで、さらに初の日本オリジナル楽曲『BEAUTIFUL』が収録されている。

あまたあるK-POPグループの中で、TREASUREの特徴とは何か。YG ENTERTAINMENT JAPAN(以下、YGJ)代表の渡邉喜美代表は、大きく2つを挙げる。「初めての12人組という大所帯グループであることと、うち4人を日本出身メンバーが占めること。いずれもYGとしては初めての挑戦です」(渡邉氏、以下同)。もちろん、大人数グループも、日本出身メンバーがいることも、目新しいものではない。しかし、そこには韓国の他のプロダクションとは異なるYGとしての必然性があった。

TREASUREのメンバーは、18年~19年に放送したサバイバルオーディション番組『YG宝石箱』を経て選ばれた。今でこそ、デビュー前にサバイバルオーディション番組を放映することは、韓国アーティストの通例となっているが、YGはBIGBANGのデビュー(06年)時からこの仕組みを取り入れている、先駆け的存在でもある。『YG宝石箱』では過去最多となる29人の練習生がデビュー候補。そのうち7人が、YGJが独自に抱える練習生だった。デビューメンバーは、プロデューサーをはじめとしたスタッフの話し合いに、視聴者の投票も加味して決定した。

「国籍は関係なく、世界レベルで戦えるスキルや資質を持った人材、チームとしてのバランスを考えて選んでいくうちに、最終的にボーカリスト9人にラッパー3人の大所帯が出来上がりました」

注目記事
次のページ
“YGJから輩出”という挑戦