MEN’S EX

2021/5/11

見て触って試着もした!

「最新セットアップ」の使える度をチェック!

セットアップの著しい進化を体感すべく、編集部員が実際に袖を通してインプレッション。次に買うべきブランドが見えてきた!

[左]ファッションエディター 小曽根 広光 根っからのドレス好き。タイドアップする正統派のスーツスタイルが大好物。最近はノータイにも興味津々。 [中]編集部ファッション担当 橋本 慎司 クラシックを愛する男。クラシックに目がない平成生まれだが、今どきセットアップも攻略するべく日々勉強中。 [右]編集部ファッション担当 樗澤 広樹 最先端ファッションも網羅。編集部の最若手はドレスをはじめモードやカジュアルまでカバーするオールラウンダー。

Setup - 01

MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)

快適セットアップがさらに進化 軽さの追求が止まらない

定番モデルを特殊なジャージーで仕立てる「ニューブリッジ×フレックス ジャージー」シリーズに、春夏シーズン用のシルク混ジャージーを採用。「ストレッチ性による快適さとテーラーメイドのきちんと感を兼備。驚きの軽さです!」(橋本)。ジャケット4万9000円、パンツ2万6000円(以上SANYO SHOKAI)

シャツ2万円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) タイ2万4000円/ドレイクス(ドレイクス 銀座店) 靴8万7000円/クロケット&ジョーンズ(ビームス 六本木ヒルズ) ベルト〈スタイリスト私物〉
表地と共地のドローコードが上品。一方、バックウエストには隠しゴム入りと着心地にも配慮

Setup - 02

UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)

ストレッチするのに形崩れしにくい< 仕事がはかどる高機能ジャージー

すっきりしたラインやクラシックモダンなテイストが、スーツ見えする上下。「機能素材ソロテックス混のジャージーは、伸縮するのに形崩れしにくい。サイドゴムのパンツも快適で、一度はいたら手放せなくなりそう」(小曽根)。ジャケット2万3000円、パンツ1万1800円(以上ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

ニットポロ9800円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) 靴4万9000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)
ストレッチが利いて、長時間の着用も快適そのもの。見た目布帛(ふはく)調で品もしっかりある。

Setup - 03

LANVIN COLLECTION(ランバン コレクション)

高級超長綿をぜいたくに使用した マリンなネイビーセットアップ

エジプト産高級フィンクスコットンを一枚仕立てにして、今季セットアップの軽さを追求。「とにかく軽い! 絞りすぎていないシルエットや2プリーツパンツ、ロープ調のドローコードも寛いだ印象。着るだけでこなれます」(橋本)。ジャケット8万円、パンツ3万8000円(以上ジョイックスコーポレーション)

シャツ6000円/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 靴7万6000円/ボードイン アンド ランジ(ビームス 六本木ヒルズ)
凹凸があって紙のように薄いコードレーンはサラサラ感が魅力的。水洗いできるところもうれしい

Setup - 04

DESIGNWORKS(デザインワークス)

イタリアのヴィンテージスーツをモダンに解釈した洒脱さが光る

自然と肩の力が抜けたようなこなれがまとえる一着はイタリアのヴィンテージからインスパイア。「ピークトラペルのフォーマル顔に3パッチポケットやステッチでワーク風味をプラス。細すぎず緩すぎないシルエットも服好きに刺さります」(小曽根)。ジャケット5万3000円、パンツ3万2000円(以上デザインワークス 銀座)

ニット2万9000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座) Tシャツ1万9000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム) 靴13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ベルトなしでもはくことができる。ストレッチ素材も動きやすい!

Setup - 05

THE GIGI(ザ・ジジ)

軽くて涼しくて動きやすい! サルトリアの本気を感じます

クラシック感も薫るネイビーストライプの上下は、リネンがメインのストレッチ生地が春夏向き。「軽くて涼しくて動きやすい! スニーカーにも似合うし、サルトリアの技に裏打ちされているから品良くまとめれば仕事服としても活躍します」(樗澤)。ジャケット6万3000円、パンツ2万9000円/以上ザ・ジジ(アマン)

ニット4万3000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店) Tシャツ3万8000円/ムーレー (コロネット) スニーカー3万9000円/C.QP(アイネックス)
一見イージーなセットアップだが、テーラード仕様のコインポケットを装備するなどこだわりの仕立て

※表示価格は税抜きです。

撮影=野口貴司(SanDrago)、筒井義昭、若林武志〈静物〉、鈴木泰之、小澤達也、恩田拓治、武蔵俊介 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=馬場拓也(SEPT)、吉村 健(AVGVST) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、間中美希子、伊澤一臣、柳澤 哲 撮影協力=バックグラウンズファクトリー、EASE イラスト=林田秀一

MEN'S EX

[MEN’S EX Spring/Summer 2021の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram