N
働き方・学び方
次世代リーダーの転職学

2021/4/23

次世代リーダーの転職学

キャリアは「アップ」狙いではなく、自分で「メーク」するもの

「グレートリセット」の三つ目は、「キャリアアップ」ではなく「キャリアメーク」です。「今回の転職でキャリアアップを狙っています」。これまた、我々がよく聞く常套句ですが、キャリアアップとはそもそもなんでしょう。直線的に昇進していくことを指しているのでしょうか。

先にジョブ型議論の誤解と幻想について話しましたが、例えば今、日本でいわれているようなジョブ型に、大半の企業が移行して、特定の職種(職務)に閉じ込められたとしたら、そもそも職務範囲も広がらず、昇進(=キャリアアップ?)もままならなくなってしまいます。どうしましょう?

生涯を固定的に保証するようなプロモーションパターンなど、とっくの昔に崩壊しています。「年功序列・終身雇用」も、非常に限られた特定の期間中のみで成立していた、昭和から平成初期までの日本企業の幻想でした。

そうではなく、「キャリアドリフト」とも最近いわれますが、その時々の流れに応じて、また自分でもテーマや展望を持って、フレキシブルにキャリアを積み重ねていく人が、結局はハッピーなキャリアをつかんでいます。キャリアは自分で作るものなのです。

会社に「キャリアをアップさせてくれることを期待する」のではなく、その会社のポストで担える役割を通じて「キャリアを自分でメークしていけるか」を問い、求める。それが、自分のキャリアの手綱を自分で握り、他人に渡さないということに通じるのです。

コロナ禍を経て、いよいよ転職やキャリアに関する様々な「幻想」「神話」が崩壊しつつあります。ミドル・シニアとしての転職に成功し、納得のキャリアを積んでいる人は、若手時代に植えつけられた固定観念や、かつては主流の考え方とされていた既成概念から「グレートリセット」している人です。

※「次世代リーダーの転職学」は金曜掲載です。この連載は3人が交代で執筆します。

井上和幸
経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


注目記事