予算10万円 コスパ最強、実力派ノートパソコン6機種最新ノートPC予算別ナンバー1決定戦(予算10万円強)

日経PC21

日経PC21編集部がお薦めの最新パソコンを予算別に紹介していくシリーズ。前回の予算15万円前後に続いて、今回は予算10万円強のノートパソコン選び。このクラスで中心となるのは、海外ブランドの直販パソコンとなる。

10万円強とは思えない基本性能「パビリオン15-eg0000」

最初に注目するのは、日本HPの「パビリオン15-eg0000」。直販サイトでは、基本性能の違うモデルを複数用意しており、今回はその中からCPUに第11世代コアi7を搭載した「パフォーマンスモデル」を選んだ。そのほかのスペックも、10万円強とは思えないほど高く、メモリーは16GB、ストレージも1TBのSSDを搭載する。

日本HPの「Pavilion 15-eg0000 パフォーマンスモデル」は狭額縁デザインを採用して小型化したモデル。第11世代コアi7と16GBのメモリー、1TBのSSDという1クラス上の基本性能を備えた15.6型ノートである。安っぽさを感じさせないデザインも魅力。直販価格は10万1200円(記事執筆時点=4月上旬=の特別価格)
「Pavilion 15-eg0000 パフォーマンスモデル」(日本HP)
●CPU:コアi7-1165G7(2.8GHz)●メモリー:16GB●ストレージ:1TB SSD(PCIe)●ディスプレー:タッチ対応15.6型(1920×1080ドット)●光学ドライブ:なし●端子類:USB3.1タイプC、USB3.0×2、HDMI出力、マイクロSDカードスロット●Wi-Fi:Wi-Fi 6●サイズ:幅360×奥行き234×高さ20ミリ●重さ1.71キロ●オフィス:なし
通常のUSBは左右に1つずつの合計2つ。USBタイプCは1つで左側面に搭載。こちらはUSB PDに対応しており、付属の充電器以外でも電力を供給できる
天板とキーボード面はアルミニウム素材を採用し、質感が高い。またキーボードの右下には、ウィンドウズハロー対応の指紋認証センサーも搭載している
ウェブカメラはHD画質の有効92万画素となる

光学ドライブはないが、スピーカーは高級オーディオメーカー「バング&オルフセン」のカジュアルブランド「B&O PLAY」製のもので、サウンド面も良好だ。トレンドの狭額縁デザインを採用し、本体も従来の15.6型に比べると小型でスタイリッシュ。安っぽさはみじんも感じられない。

高級オーディオメーカー「バング&オルフセン」のカジュアルブランド、「B&O PLAY」のデュアルスピーカーを採用した
キーサイズは文字キーもテンキーも、ほぼ均一で打ちやすい
★7ストロークがやや浅いのと、ホームポジションに手を置くと、親指がタッチパッドの中央からずれるのが気になる
パソコンの電源ボタンは、キーボードの1列目、Fnキー(機能ショートカットキー)に搭載する。そのためFnキー全般の配置も少し特殊で、電源ボタン自体も見つけづらい
次のページ
第3世代のライゼン5搭載「mouse B5-R5-A」
MONO TRENDY連載記事一覧