コロナ下で発想転換 3人の大学生が実現できたこと

上段左から、スピーカーの佐久本さん、林さん、矢島さん。下段左から、司会の安山さん、倉内さん。
上段左から、スピーカーの佐久本さん、林さん、矢島さん。下段左から、司会の安山さん、倉内さん。

新型コロナウイルス感染拡大で、制限だらけのキャンパスライフが続いている。何か行動したいけど、この状況でどうしたらいいかわからないという学生に向けて、インターンや国内留学など、コロナ下でも新しいことに挑戦した大学生3人のトークイベント「#コロナ下だからできたこと」(日本経済新聞社デジタル事業メディアビジネスユニット主催)が3月下旬に開催された。悩みながらも前に進んだ等身大のエピソードは、長引く自粛生活を乗り切るヒントになるのではないだろうか。

【スピーカー】(肩書は3月時点)
◇林佑紀さん 横浜国立大学教育人間科学部4年。3歳から続けたサッカーを大学でもやりたかったが、サッカー強豪校に入れず断念。体育会ヨット部に入るも、合わずに2年次にやめる。その後、国際協力活動を開始し、青年海外協力隊などに参加。休学してベルギーやペルーに留学し、2020年2月に帰国した。21年3月に卒業し、広告代理店に就職。
◇佐久本星来さん 上智大学外国語学部3年。教育分野に興味があったが、学校の先生には向いていないと感じ、自分と向き合うため20年春から休学。福井県鯖江市で開かれた地方活性化プランコンテストに参加し、入賞。1カ月ほど同市へ移住し「国内留学」した。
◇矢島向日葵さん 慶応義塾大学法学部1年。外交官になるのが夢。日米の高校生の国際交流プログラム、コンサルティング企業でのアシスタント業務、国会議員の議員事務所と、3つのインターンを掛け持ちしている。
(司会は、大学1~2年向けのイベントやメディアを運営する学生団体TSUNAGU代表で慶応大4年の倉内佑さん、同メンバーで東大4年の安山瑠衣子さん。イベントは同団体の協力を得て実施した)

イベントはビデオ会議システム「Zoom」を使い、大学1~2年生を中心に約50人が参加した。主に司会からコロナ下での行動や考え方についてスピーカーに聞き、トークの合間で参加者から質問も受け付けた。

夢と希望から一転、「大学やめたい」

Q コロナ感染拡大が始まった20年春、自分の生活にはどんな影響がありましたか?

矢島 大学生になったら東南アジアに旅行に行きたい、サークルに入って人脈を広げたいなど、やりたいことがたくさんありました。あとは外交官になるっていう夢があって、それを実現するための勉強の計画も考えていて、夢も希望もいっぱい、の状態からコロナで一転。5~6月がひどくて、せっかく第1志望の政治学科にいたのに全然友達もできないし、「コロナ鬱」みたいになりました。自分の中で、「ナメクジデイズ」って呼んでます。寝ているとき以外ずっと「大学やめたい、大学やめたい」と思いながら、超ネガティブに生活していました。

佐久本 私はコロナ前に休学すると決めていたから、「とにかく何かしなきゃ」と思っていました。最初はカンボジアやフィンランドに行きたかったけど、コロナで不可能になって「日本国内でできるインターンを探そう」とすぐに切り替えました。ただ、気持ちは全然追いつかなくて。「これでほんとにいいのかな」みたいな感じで、結構焦ってた。休学したから自分は何かしないと人生が動かないと思ってしまって、最初は苦しみながら動いてましたね。

 僕の場合はコロナ前、1年間休学して海外に行って、ある程度やりたいことをやっていたから、そこまでネガティブには捉えてなかったかな。やりたいことというのは、ペルーの刑務所で囚人が作った服を売ること。留学中たまたまショッピングモールでその服を販売している店舗が目に入り、それが運命の出会いでした。

一方通行の支援ではなく、雇用を創出しながら服というプロダクトを世の中に出していくという思想に共感したんです。もしこれを日本で販売できたら新たな国際協力の形になると思い、クラウドファンディングなどを実施していました。日本に帰国したら店舗型のショップをやろうと思っていたら、帰国直後にコロナパンデミックが始まり、いったん断念しました。

林さんはペルーの刑務所に服役中の囚人が作った服を日本で販売するために行動した
次のページ
「将来絶対仕事にしないことをやる」
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束