ビジュアル解説 最新ノートPC選び、7つのキーワード最新ノートPC予算別ナンバー1決定戦

日経PC21

ノートパソコンの2021年春モデルが登場した。今年も魅力的なパソコンが数多く発売された。ニーズが高まっている在宅ワークをスムーズにこなせるようなパソコンも多い。

そこで今回、最新モデルの特徴と製品選びのポイントを解説する。製品のチェックに先立って、最新モデルの注目ポイントを見ていこう。今回はキーワードを7つ挙げた。ここではビジュアルで解説する。

【記事本編はこちら】最新ノートパソコン選び 覚えておきたいキーワード7

最新のライゼン搭載機も登場

図1 AMDの第4世代ライゼン(5000番台)が登場。だが採用機種はごく一部で大半は第3世代(4000番台)になる。一方のインテルは第11世代コアiが普及。ロゴは下の写真の2種類がある。左側は主にスタンダードノート、右側はモバイルノートに付けられている

CPUの世代やシリーズの確認方法

図2 CPUの名称は、図のような仕組みで付けられている。インテルのコアiは「11」とあれば第11世代、ノート用のライゼンはシリーズ名の次が「5」なら第4世代になる

ベンチマークテストの結果

図3 CPUの処理性能を見る「CINEBENCH R23」で、最新モデルが搭載する主なCPUのスコアを計測。シングルコアはコアiが上だったが、マルチコアは最新世代のライゼンが圧倒した

SB4などの端子を採用する製品が増加

図4 第11世代のコアi プロセッサーで標準対応したこともあり、最新規格のUSB4のタイプC端子を搭載するパソコンが増えた
図5 一般的なUSB3.0規格は最大5Gbps(ギガビット/秒、ギガは10億)。USBタイプCになると最大で20Gbps、最新のUSB4はさらに高速化され、「Gen3x2」だと最大40Gbpsとなる

SSDの転送速度も向上

図6 搭載するSSDは対応する接続規格で転送速度が変わる。最新モデルではPCIe接続がほとんどで、中にはPCIe 4.0の高速ストレージを採用する機種も登場した
図7 PCI e4.0のSSDの転送速度を実測(テスト機材は「VAIO Z」)。PCI e3.0はリードが最大3500メガ(100万)バイト/秒ほどだったが、PCIe 4.0は約6800メガバイト/秒と高速化した

高まる14型ノートの存在感

図8 在宅ワーク需要で14型ノートの存在感が増した。15.6型より小型で持ち運びしやすいうえに、画面サイズは一般的なモバイルノートより大きくて作業性が確保されているのがその理由だ

縦の表示領域が広がる

図9 画面の縦横比は、長らく薄型テレビと同じ16対9が主流だった。だが昨年後半から、16対10や3対2を採用する機種が増加。縦方向の表示領域が広がったことで、ウェブ閲覧などがしやすくなっている
図10 左はビジネスノートの定番、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon」。最新の第9世代で16対10に変更した。右はデルの「XPS 13」。同社では個人向けを中心に16対10のモデルを増やしている

「Wi-Fi6」が標準に

図11 無線LAN(Wi-Fi)は、「Wi-Fi 6」と呼ばれる最新規格がほぼ標準になった。最大通信速度は9.6Gbps(8ストリームの場合)だが、パソコン内蔵のアンテナが2本のため、実際の最大通信速度は2.4Gbpsとなる

軽量化目指し、素材にカーボンも

図12 軽量で高強度のカーボン素材。最近ではパソコンでの採用が増えている。写真は富士通の「ライフブックUH」シリーズ。こちらは天板にカーボンを使い、最軽量クラスを達成した
図13 今春の最注目モデルの1台になるバイオの「バイオZ」。こちらは、ボディーの一部ではなく、カーボンを立体成型することで、パソコンでは初めてフルカーボンボディーを実現した

【記事本編はこちら】最新ノートパソコン選び 覚えておきたいキーワード7

(ライター 原如宏、写真 スタジオキャスパー)

[日経PC21 2021年6月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧