体形だけで判断NG「やせメタボ」 糖尿病リスク高く

写真はイメージ=(c)PENCHAN PUMILA-123RF
写真はイメージ=(c)PENCHAN PUMILA-123RF
日経Gooday(グッデイ)

やせ型の人でも体内でひそかに進行する「やせメタボ」があるのをご存じだろうか。ポイントとなるのが筋肉だという。筋肉に脂肪がたまった状態である「脂肪筋」になっていると、糖尿病やメタボリックシンドロームのリスクを高めてしまう。

「もはや、メタボは体形だけでは判断できません」と、順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンター先任准教授の田村好史さんは言う。リモートワークで「歩かない生活」になり、忙しくて食事内容が偏っている人は要注意だ。気になる「やせメタボ」について聞いていこう。

糖尿病発症リスクは、肥満者よりもやせた人のほうが高い?!

メタボといえば、太った人、おなかがぽっこり出ている人の病気。太っていない自分は大丈夫、と安心していないだろうか。近年、やせ型の人であっても油断できない研究結果が続々と発表されている。40~79歳の日本人約7200人を対象に9.5年間追跡した研究によると、BMI[注1]が高い肥満の人よりも、低い(やせている)人のほうが糖尿病発症リスクが数値としては高いことがわかった(下グラフ)。

やせ型の人は肥満者よりも糖尿病発症リスクが高い

40~79歳までの糖尿病ではない日本人男女7240人を9.5年間追跡。BMIが18.5未満のやせ型の群は、18.5~22.9の普通体形の群に比べて糖尿病の発症リスクが約2倍高く、25以上の肥満の群よりもリスクは高かった。(データ:Diabetol Int(2012) 3;92-98より改変)*統計学的有意差あり

メタボリックシンドロームは、内臓周囲に脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」に加え、脂質代謝異常、高血圧、高血糖のうち2つ以上が当てはまる状態のことを言う。動脈硬化を進め、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気につながることが広く知られている。

メタボが進行した先にある糖尿病も、肥満度が高くなるほどかかりやすくなるものでは、と思っている人がほとんどではないだろうか。

肥満ではない人の体に起こる代謝の問題について15年間研究を続けてきた順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの田村好史さんは、「もともとアジア人は欧米人と比べて血糖値を下げるインスリン[注2]の分泌能力が弱く、軽度の体重増加であっても糖尿病やメタボにかかりやすいことが知られてきました。発表された上記の研究では、まだ糖尿病を発症していない人であってもやせ型の人はその後、糖尿病にかかりやすくなることが明らかになりました。もはやメタボなどのリスクは体形のみでは判断できない、してはいけないと考えています」と説明する。

[注1]BMIとは、肥満の基準となる体格指数(body mass index)のこと。体重(kg)を身長(m)で2回割って算出する。

[注2]インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンの一種で血糖値を下げる役割がある。

BMIという基準から言うと、BMI25以上が「肥満」となる(身長170cmで体重72.25kgの人の場合、BMIは25.0)。意外にも、BMIが低い人たちのほうが、糖尿病リスクが高かったというのだ。やせても糖尿病になってしまう人の体の中で何が起こっているかについて、田村さんは複数の事実を明らかにしてきた。

●標準体形でもメタボリスク因子が1つでもあると肥満の人並みにインスリンが効きにくくなる

日本人男性70人を対象に、BMI23~25で、高血糖、脂質異常症、高血圧のメタボリスク因子を1つも持っていない人、1つ持っている人、2つ以上持っている人に分け、骨格筋のインスリン感受性(筋肉でのインスリンの働き)を測定。リスク因子が1つでもあると、肥満でメタボの人と同程度に骨格筋でのインスリン感受性が低下している、つまり糖尿病リスクが高い可能性があることがわかった[注3]
●閉経後のやせ女性では「脂肪筋」が多くなるほど食後血糖値が高くなる

やせた閉経後女性(BMI18.5未満。平均年齢56.2歳)では、食後に高血糖値になる割合が同年代の標準体重女性の約2倍高い(やせた女性37%、同年代女性17%)。さらに調べると、筋肉量が少なく、筋細胞内に脂肪が蓄積する「脂肪筋」が多いほど、食後血糖値が高くなった[注4]
●若年やせ型女性では標準体重の人より耐糖能異常が7倍多くなる

やせ型の若い女性(BMI18.5未満。平均年齢23.6歳)では、食後高血糖となる「耐糖能異常」の割合が、標準体重女性よりも約7倍高い(やせた女性13.3%、標準体重の女性1.8%)。その率は米国の肥満者(BMI30以上)における割合(10.6%)よりも高かった。耐糖能異常のある人は、インスリン分泌が低下していただけでなく、肥満の人に生じると考えられてきたインスリンの効きが悪い(インスリン抵抗性)という特徴が見られた[注5]

[注3]J Clin Endocrinol Metab. 2016 Oct;101(10):3676-3684.

[注4]J Endocr Soc. 2018 Feb 19;2(3):279-289.

[注5]J Clin Endocrinol Metab.2021 Jan 29;dgab052.

次のページ
糖を代謝する巨大な臓器「筋肉」の問題が全身に悪影響
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント