カップヌードルにも高プロテイン 味そのまま、低糖質

たんぱく質を強化した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」(左)、「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」(右)
日経トレンディ

カップヌードルにも、ついにプロテインブームが到来した。日清食品が新発売した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」が押し出すのは、15グラムのたんぱく質だ。開発の最大の難所は、伝統的な味を守りつつ、たんぱく質をどこにどれだけ「隠す」かの振り分けだった。「ゴールはカップヌードル」。即席麺史上初めての挑戦が始まった。

カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質の味は、レギュラーとシーフード(どちらも実勢価格・税込み222円)の2種類。2021年4月5日より、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで順次展開していく。

大きく変えたのは、たんぱく質の量だ。単にたんぱく質のパウダーを追加するわけではなく、麺とスープ、サイコロ状の具材「謎肉」の中に15グラムも入れ込んだのだ。付加価値を付けつつ、カップヌードルの味は「そのまま」にすることを目指した。

カロリーは一般のカップヌードルの約8割。糖質は50%オフ

15グラムのたんぱく質、いったいどこに?

カップヌードルが誕生したのは、今から50年前の1971年。73年に「カレー」、82年に「チリトマト」、84年に「シーフード」を追加し、4種の定番を築いてきた。健康が気になる人向けに、カロリーを約半分にした「ライト」(2009年発売、19年終売)は発売から7カ月で年間売り上げ目標の40億円を達成。さらに脂質50%オフ・糖質40%オフにした「ナイス」(17年発売)は発売から39日間で累計1000万食を突破している。しかしカップヌードルブランドとして、たんぱく質を押し出した商品はなかった。

ナイスシリーズは19年3月にリニューアルし、「カップヌードル コッテリーナイス」に。「こってりなのに糖質50%オフ・脂質50%オフ・176キロカロリー」のデザインが目を引く
MONO TRENDY連載記事一覧