唐揚げヘルシー&カラッ 油で揚げないエアーオーブン連載 家電サラブレッド流モノクッキング

家にいて、鶏の唐揚げが無性に食べたくなることはありませんか? 僕はあります。とはいえ、鶏肉を買ってきて、揚げるのは正直少し面倒です。揚げるまでの手間だけでなく、揚げたあとの油の処理も大変ですし……。

こんなとき、「家電サラブレッド」としてお薦めしたいのが、冷凍の唐揚げです。コンビニやスーパーの冷凍食品コーナーで販売されています。これを買っておけば、いつでも食べたいときに唐揚げが楽しめます。

みなさん、冷凍の唐揚げはどのように温めていますか? おそらく多くの人が「電子レンジでチン」していると思いますが、この方法、僕はあまりお薦めしません。電子レンジで温めると、どうしてもベタッとしてしまうんですよね。やっぱり唐揚げは、カラッと揚がっていてほしい。そこで今回は、冷凍の唐揚げをおいしく温める調理家電、レコルトの「エアーオーブン(Air Oven)」を紹介します。

冷凍唐揚げがカラッと揚がるノンフライヤーの実力

エアーオーブンは、いわゆる「ノンフライヤー」と呼ばれる調理家電の一種です。ノンフライヤーとは、油を使わずにフライドポテトや唐揚げ、天ぷらなどの揚げ物ができる調理家電のこと。一番の魅力は「誰でも簡単に使える」ことですが、ヘルシーな仕上がりになるというのも大きなメリットです。ぼくは個人的に「ヘルシーなジャンクフード」と呼んでいます(笑)。「唐揚げは食べたい、だけど太りたくない」という人にお薦めの家電です。

レコルト「エアーオーブン(Air Oven)」、メーカー希望小売価格 9900円(税込み)

エアーオーブンは、揚げ物はもちろん、ローストやグリル、ベイクなど、さまざまな調理方法に対応しているので、1台あると重宝します。コンパクトなボディーで、置き場所の広さはA4サイズにほぼ収まるので、キッチンで邪魔にならないのもうれしいポイントです。

では、早速これを使って唐揚げを作っていきましょう。まずは予熱から、左のダイヤルで温度を合わせて、右で時間を指定します。最初の予熱は時間を計る必要はないので、適当にぐいっとひねればOK。このあと、緑色のライトが消えるまで待ちます。

ダイヤルだけのシンプルで直感的な操作がお気に入り。緑のランプが消えるまで待機します
網のセットも忘れずに

予熱が終わったら、網がセットされていることを確認して、鶏の唐揚げを冷凍のまま投入します。だいたい15分ほどで熱々になります。カチカチと鳴るレトロな音と、唐揚げの匂いが食欲をそそります。「チン」という音が鳴ったら、温め終了です。焦げることなくきれいにできました。

ジューシーかつカリカリ! すでに見た目がおいしい
次のページ
唐揚げのお供といえば、フライドポテト
MONO TRENDY連載記事一覧