アカデミー賞直前、コロナ禍でどう開催? 有力作は?番組案内役のジョン・カビラ、宇垣美里が見どころ解説

アカデミー賞授賞式の生中継番組で案内役を務めるジョン・カビラさん(右)と宇垣美里さん
アカデミー賞授賞式の生中継番組で案内役を務めるジョン・カビラさん(右)と宇垣美里さん

新型コロナウイルスによってさまざまなイベントが大きな影響を受けているが、第93回アカデミー賞授賞式も約2カ月の延期を余儀なくされた。そして、世界中の映画ファンが待ち望むなか、4月25日(米現地時間、日本時間26日)にいよいよ幕を開ける。

今年は、コロナ禍での開催ということもあり、異例尽くしの授賞式となることは間違いない。見どころについてお話をうかがったのは、アカデミー賞授賞式の生中継番組(WOWOW)で案内役を長年務めているジョン・カビラさんと今回初めて担当する宇垣美里さん。受賞予想から米ハリウッドが抱える課題まで、様々なテーマについて語っていただいた。

リモート参加を認めない方針に非難集中

――いよいよアカデミー賞授賞式が開催されますが、いまのお気持ちから教えてください。

ジョン・カビラさん(以下、カビラ):一時は開催すら危ぶまれる状況でしたが、やっとここまできたなという感じですね。とはいえ、まだ新型コロナウイルスも猛威を振るっていて油断はできないので、そんななかでアメリカのエンターテインメントの頂点とも言える映画界がどのような意地を見せてくれるのか。授賞式はスティーヴン・ソダーバーグ監督らのプロデュースということで、これまで以上に注目度も高まっていると思います。

――宇垣さんは、本番組には初出演となりますが、決まったときはいかがでしたか?

宇垣美里さん(以下、宇垣):とにかくすごくうれしかったです。アカデミー賞といえば、映画が好きな人なら注目しているイベントなので、それをみなさんと一緒に楽しめるだけでなく、伝える仕事もできるなんて、役得以外の何物でもないと思っています(笑)。

――これまでにない状況下での授賞式ということで、どうなると予想されていますか?

カビラ:まったく想像ができないので、ワクワクしかないです。

宇垣:本当に、全然予想ができないですよね。

カビラ:今回は、米ハリウッドのドルビー・シアターだけでなく、ロサンゼルスの中心部にあるターミナル駅、ユニオンステーションも使用します。果たして、会場が複数になることでどうなるのか。レッドカーペットがどのようなスタイルで行われるのか。パフォーマンスはどんな演出になるのか。ソーシャルディスタンスやマスクはどうするのか。といった具合に気になることが満載です。どこを取っても話題になる授賞式になると思います。

――確かに気になる部分が多いですね。ちなみに音楽界では、3月に開催された米グラミー賞の授賞式で主要アーティストを招待しつつ、リアルとバーチャルの双方をうまく駆使して成功を収めました。

カビラ:アカデミー賞では、ノミネートされた方はリモートでの参加ではなく、出席することになっています(※)。なので、グラミー賞のようにバーチャルでの映像が流れることは基本的にはないので、そこは大きく違うでしょうね。前哨戦となるゴールデン・グローブ賞の授賞式では、リモート中継でトラブルが続出していましたが、アカデミー賞はそんなへまはしないと期待しています(笑)。

(※)編集部注:取材時点。記事制作時点ではリモート参加を認めない当初方針に批判が集まったため、欧州会場を設置して中継を結ぶ案も浮上している。

宇垣:あと、オスカー像が手渡しされるのかも気になりますね。

カビラ:グラミー賞では、アーティストはマスクを着用するなど感染対策をしたうえで参加していたので、これまで通りステージで手渡ししていました。はたしてアカデミー賞はどうなるんでしょうか。

次のページ
グッチが席巻したグラミー賞 アカデミー賞は?