ソニー「着るクーラー」進化 専用下着なしで装着OK

日経クロストレンド

スマホから操作ができるソニーのウエアラブルサーモデバイス「レオンポケット」
日経クロストレンド

ソニーの「REON POCKET(レオンポケット)」は、本体と体が接触する部分を冷やしたり温めたりすることで、夏や冬に快適な環境を提供するウエアラブルサーモデバイスだ。2020年7月1日の発売当時、「着るクーラー」として話題となった。21年3月8日には新たな専用アクセサリー「ネックバンド」の発売で、懸案だった「専用下着」が不要に。ソフトウエアアップデートも実施され使いやすくなり、ユーザー層を広げそうなレオンポケット。その進化のほどを探った。

発売直後に1万台を完売、注目を浴びる理由とは

レオンポケットは専用インナーウエアのポケットに装着した状態で、本体の一部を首元にあてがうと接触冷感・温感が得られる一風変わった端末。これにより夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるというのが特徴だ。衣服内の空気を実際に循環させているわけではないが、その特徴を端的に伝えるため、ここではあえて「ウエアラブルエアコン」と呼ぶことにする。

iOS/Android対応のモバイルアプリでCOOL/WARMモードの切り替えや本体の詳細設定ができる

ソニーのスタートアップ創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」によって、レオンポケットは19年にそのコンセプトが発表された。製品は当初、ソニーのクラウドファンディングサービス「First Flight」でローンチされた。20年4月から支援者への提供を開始、同年7月1日には一般販売もスタートした。

ソニーが満を持して臨んだ一般販売は快調な滑り出しを切った。「初回出荷を予定していた1万台を、わずか発売2日間で売り切った」と、当時の勢いを振り返るのはレオンポケットを担当するソニーREON事業室統括課長の伊藤健二氏だ。

一時期はソニーの直販サイトでも入荷待ちの状態が続いたが、現在は購入可能となっている。本体の価格は9900円(※4月22日の「REON POCKET 2」発売で値下げとなった)。レオンポケットの専用インナーウエアは1着1980円。そして後述する、今回新たに投入された専用アクセサリーのネックバンドは1430円となっている。

レオンポケットは冷感と温感の両方を1台のデバイスで得られる。温度調整やタイマーなどの設定は、専用アプリをインストールしたスマートフォンで行う。伊藤氏によると一般発売の直後、夏の暑い時期には男性の購入者が増えて、寒くなった冬の12月ごろには女性が多く買い求める傾向が見られたという。

実際に使ってみると注目を集める理由がよく分かる。本機のようにスマホと連携して簡単に温度調節ができるウエアラブルエアコンなど、今まで存在しなかったからだ。充電すれば繰り返し使える「冷感」が得られるアイテムは他社からも発売されているが、ネックスピーカーのような首かけタイプで、どうしても目立ってしまう。近年、日本の夏の暑さは尋常ではない。夏の通勤などで手軽に携帯できるこんなデバイスを、多くの人が待ち望んでいたからこそ、これほどの人気につながったのだろう。

伊藤氏によると、発売後もレオンポケットユーザーから多くの反響が寄せられているとのこと。ソニーとしても、新たな製品カテゴリーであるウエアラブルエアコンに市場性が見えたことから、「今後は自信を持って、製品のブラッシュアップやソフトウエアによる機能アップデートが提供できるだろう」と伊藤氏は笑みを浮かべる。

次のページ
新アクセサリー「ネックバンド」の狙い
MONO TRENDY連載記事一覧