さとうほなみ 撮影のご褒美にトカゲのブレスレット

Netflix映画『彼女』に出演する、さとうほなみさん

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のドラマー「ほな・いこか」として知られ、近年は俳優としても活躍している、さとうほなみさん。Netflix映画『彼女』の撮影を乗り越えて購入したのは、トカゲをかたどったブレスレットだった。

手首を這(は)うトカゲのブレスレット

「私は生き物をモチーフにしたアクセサリーが好きで、黒い蛇のネックレスとか、ホウセキゾウムシの指輪とか、いろいろ集めてるんです。きっかけは20代前半に、ヤモリの指輪を買ったこと。それが、とっても可愛(かわい)くて、そこからハマりました。特に好きなのは、爬虫(はちゅう)類。なかでも一番好きなのが蛇です。本物の蛇とはまだ触れ合ったことがないんですけど、『何を飼いたいか?』と言われたら、蛇って答えます。

さとうさんの手首に着けられる、トカゲのブレスレット

このトカゲのブレスレットは、前から欲しいと思っていたものです。でも、気軽に手を出せる値段じゃないので、いつか買おうと狙っていて。今回『彼女』への出演が決まったタイミングで、『ハードな撮影になるだろうから、乗りきったときのご褒美にしよう』と思いました」

『彼女』は、中村珍さんのマンガ『羣青(ぐんじょう)』を、『ヴァイブレータ』(03年)、『余命1ヶ月の花嫁』(09年)の名匠・廣木隆一監督が、Netflixと組んで映画化した作品(Netflixで世界独占配信中)。さとうさんは、自分に好意を寄せていた高校の同級生・永澤レイ(水原希子)に“夫殺し”を依頼し、ともに逃避行をする篠田七恵を演じている。

「『羣青』は数年前に読んでいて、すごく好きなマンガだったんです。波乱続きの2人の気持ちが、ずっと相いれないというか。通じ合うものはあると思うんですけど、どっちかが歩み寄ると、どっちかが下がるというやりとりが、とても心に響いて。もしこれを映像化するのであれば、絶対に携わらせていただきたいなと思っていました。だから今回のお話をいただいたときは、なんとも言葉にできない気持ちになりましたね。

七恵という女性は、両親がおらず、友だちもいなくて、結婚したと思ったら旦那に暴力をふるわれ……と、誰にも甘えたり、弱さを打ち明けたりできずに生きてきた人。でも、レイに弱さを知られて、彼女にはだんだん心を開いていくようになる。今回はクランクイン前に、水原希子さんと何回かリハーサルをさせていただきました。監督は、お芝居を見て『こうしてほしい』と言うのではなく、『どうしてそうなったの?』と聞いてくれる。考える機会を与えて、一緒に考えてくれる廣木監督のやり方は、すごく素敵(すてき)だなと思いました」

「生き物集めは、今はアクセサリー限定。これからは、置物にも手を出してみようかな」
「中村珍さんのマンガを読んだときに『この作品をやりたい』と思ったんですけど、演じたい役は二転三転してきて。最初は七恵で、次がレイで、やっぱり七恵で、みたいな感じでした」
次のページ
順撮りで役を生きた『彼女』
MONO TRENDY連載記事一覧