ヨーグルトの由来はトルコ語? 味噌汁に入れても美味

5月15日は「ヨーグルトの日」=PIXTA
5月15日は「ヨーグルトの日」=PIXTA

ボンジュール!パリからお届けする「食の豆知識」。4月は新年度がスタートする。入学、入社、異動など、新生活を気持ち良く始めるため、新たな環境を整えたという読者の方も多いだろう。環境といえば、体の環境、腸内環境の方はいかがだろうか? 今回は、腸内環境を整えるのに役立つと言われる「ヨーグルト」をテーマに取り上げる。

5月15日は、食品大手の明治が2012年に「ヨーグルトの日」とした。1907年に「ヨーグルトを摂取することが長寿の秘けつである」ことを論文で発表し、ヨーグルトを世界に広めるきっかけをつくったノーベル生理学・医学賞受賞者のイリア・メチニコフの誕生日に合わせて、この日を日本記念日協会に申請し、認定・登録されたのだという。

日本ではコンビニでもスーパーでも必ず定番コーナーがあるヨーグルト。あまりに日本人の食生活に身近すぎて、「腸にいいデザート」くらいのイメージしかない人も多いのではないか。

調べてみると、日本でここまで身近な存在になった背景には、どうやら「本物のヨーグルトを日本の食卓に広めたい」と願う人々の並々ならぬ熱意と努力があったからのようだ。そこで今回、記念日を定めた明治広報部の関根由梨さんと乳酸菌マーケティング部の田中陽さんにお話を伺い、ヨーグルトについて考えてみた。

「『ヨーグルト』という言葉は、諸説ありますが、トルコ語でヨーグルトを意味する『ヨウルト(yogurt)』に由来していると言われています」(田中さん)。ヨウルトはトルコ語で「かくはんすること」を意味する動詞「yogurmak」の派生語で、トルコにおけるヨーグルトの製法を指していると言われているそうだ。

ヨーグルトの言葉の起源があるともいわれるトルコに留学経験があり、同国事情に精通する筆者の知人がこう教えてくれた。「トルコは酪農大国であり、ヨーグルト、バター、チーズはトルコ料理には欠かせません」

トルコ家庭のとある日の食卓。ドルマと呼ばれる煮込み料理にのせるよう、大容量(3~5キログラム)の無糖ヨーグルトも並ぶ(写真提供:唐崎翔太)

トルコで「ロカンタ」と呼ばれる大衆食堂に行くと、料理に無糖のヨーグルトをのせるかを尋ねられるのだという。またスーパーではキロ単位でヨーグルトを売っており、「アイラン」と呼ばれるヨーグルト・塩・水で作るドリンクは食事のお供としてトルコ人の食シーンに欠かせないものなのだとか。

そのトルコの1人当たりの消費量は、先ほどの田中さんによれば世界で18位とのこと。そして、日本でヨーグルトのイメージが強い国のブルガリアは世界で5位。「トルコとブルガリアは隣国同士のせいか、やはり食文化も似ているようですね。ヨーグルトはトルコ発祥とのことで、互いに譲らないブルガリアとの熱いバトルがあります」と知人が教えてくれた。

ちなみに、1人当たりのヨーグルトの消費量の1位はオランダ。2位セルビア、3位フィンランドと続く。ヨーロッパ諸国が上位を占め、日本は19位なのだという。日本人のヨーグルト消費量はそれほど多いわけではないようだ。日本においては主に朝食や食後のデザート感覚で食べられることが多いのに対し、海外、特にヨーロッパ圏では、トルコのように普段の料理にヨーグルトが多く取り入れられている違いがあるようだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド