中山雅史さん ユース選手に伝えたプロで生き残るすべ不屈のサッカー人生(下)

日経Gooday

2020年、アスルクラロ沼津に所属していたときに取材に応じる中山雅史さん
2020年、アスルクラロ沼津に所属していたときに取材に応じる中山雅史さん
日経Gooday(グッデイ)

2020年に初の自叙伝『再起は何度でもできる』(PHP研究所)を出版した中山雅史さん(53)。長年、膝などのケガで苦しむが、2年半地道にリハビリトレーニングや治療を続けた結果、2015年にアスルクラロ沼津(現J3)へ入団。一度もピッチには立てない中、19年に沼津への単身赴任を決意する。その理由や、50代という加齢における心身のマネジメントなどについても伺った。

――2015年にアスルクラロ沼津に入団され、東京から沼津での週2日の練習に通われていましたが、2019年に沼津に単身赴任されます。それはなぜですか?

16年からJFA(日本サッカー協会)公認S級コーチのライセンスを取得するために講習会を受講していましたが、指導実績がないと取得できないルールに変わりまして。そこで、アスルクラロ沼津U18の選手たちのコーチとしてサポートすることで、指導実績を積むことにしたのです。ライセンス取得後も指導していますが、通いだと週1~2回しか見られず、指導実績としても認められないし、彼らの練習をきちんと見たいという思いもあり、思い切って生活拠点を沼津に移しました。基本的に週1回、東京で仕事があるので、車を運転して通い、東京に帰った時に治療も受けて、また沼津に戻るスタイルです。

――コロナになる前に地方移住した感じですね。

そうですね。沼津での一人暮らしは快適でしたよ。自分のタイムスケジュールで動けるので、生活のリズムが作りやすい。午前中に練習し、休憩後にユースの練習に出て、家に帰って食事、風呂に入って寝るという規則正しい生活を送っていました。睡眠時間は7時間ぐらいでしょうか。休日や空いた時間の掃除や洗濯は、いい気分転換になりました。食事までは作れませんでしたが。

――食事はどうされていたのですか?

行きつけの家庭的な定食屋さん(めし処「しめしめ」)があって、そこが最高にうまいんです。ありがたいことに、店主のお父さんとお母さんが本当に良くしてくれてね、ランチに行くとおかずをたくさん出してくれる。食べ切れないから、3分の2ぐらい食べて、残りを持参のタッパーに詰めてもらって夜ご飯にするんです。おにぎりも2個くれるから1個は夜に食べて、もう1個は、翌朝の朝食として、バナナと牛乳と一緒に食べます。そして翌日のお昼に、またその定食屋さんに通うというサイクルが出来上がっていました(笑)。

――加齢との付き合い方として、食事やメンテナンスなどで意識されている点はありますか?

もちろん加齢とともに筋肉は落ちます。体脂肪率も代表やJリーグのピッチで走り回っていたときは4~8%でしたが、今は10%前後になりました。それをどう減らすかが常に課題です。楽屋にケーキが用意されていても、「俺の目の前で全部食べちゃって!」とメイクさんに食べてもらうなどして我慢していますが、ついついお煎餅に手が伸びてしまうことも…。基本的に間食はナッツ類で済ませ、それでもおなかが減ったら風呂に入ります。熱めの湯につかると、喉が渇いて、おなかが減ったことを忘れるんですね。水をガブガブ飲んでしまいますが、こうやって食べ過ぎを防いでいます。

お風呂でも我慢、汗をかくのも「サッカーのため」

――入浴はリラックス効果がありますよね。

お風呂では我慢して汗をかくという中山さん。リラックスするためではないようだ。

お風呂でリラックスは、していないです(笑)。お風呂では汗をかきたいので、30分ぐらい入って我慢しています。僕の場合、普段の生活はすべて「サッカーのため」につながっていて、汗をかきたいのは「体にキレをもたせたいから」。汗をかけば、「汗をかいた」という安心感が得られるんです。やってる事はめちゃくちゃですよね。リラックス効果はなく、肉体的にもあまり良くないのだろうけど、「ああ、スッキリした」という精神衛生上のストレス発散になっているのかもしれません。

加齢に関しては、タブレットを見ていると、目が悪くなってきたなぁと思うし、年には逆らえないなぁと思います。でも昔は1時間半~2時間前にはクラブハウスに行ってましたし、今はちょっと遅くなりましたが開始1時間前には練習場所に着いて、体をほぐすストレッチをして、トレーナーに体をチェックしてもらい、できるだけケガを防ぎ、悪化しないようなケアの習慣を続けています。

次のページ
「自分の“替え”はいくらでもいる」と早く気づいたもん
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント