(1)自分を励ます明るいポジティブ一言英語

その日の予定を単語で書いたり、To Do リストに加えて元気が出るプラスの言葉を書いたりしていきましょう。うれしい気持ち、感謝の気持ちを目にするたびにモチベーションはアップするはずです。カジュアルな言葉なので、親しい友人や同僚などにメモや付箋に書いて添えてもいいでしょう。

《うれしい気持ちの例》 
やった! all right! 
終わった! Finished! 
うれしい! So happy 
完璧! perfect! 
最高! awesome! 
素晴らしい! incredible! 
ラッキー! lucky!

《自分を励ます言葉の例》 
肩の力を抜いていこう take it easy 
頑張ろう stick to it 
あきらめないぞ never give up 
もう一踏ん張り hang in there 
やり続けよう keep trying 
なるようになる! Let it be! 
忘れちゃえ Let’s forget it. 
気にしない Don’t worry, be happy. 
自分を信じる believe in myself 
とりあえずやってみる just do it! 
必ずできる I can do it. 
挑戦する Let’s try! 
自分に負けない overcome myself 
自分を成長させる improve myself

私が英語を好きな理由の1つは、言語自体がポジティブを好むところです。以前の記事「Rules and a Good Style」上編の中でお話ししました英語の基本ルールの1つに、「謙虚 < 自尊心」がありましたね。日本語の文化として謙虚な態度、人に対してへりくだるというものがあります。これはこれで素晴らしいのですが、英語は逆で、自尊心を大切にするため言葉も前向きでポジティブになります。そこを理解して、ぜひ自分に対しても人に対してもポジティブ一言英語を使ってください。ちなみに、私の好きな言葉は overcome myselftake it easy です。overcome は「乗り越える」という意味です。こういう一言が苦しい時の自分を救ってくれたりするのです。

(2)仕事の目標やゴールを英語で書く

やる気アップ手帳の仕上げは「仕事の目標やゴールを英語で書く」です。目標は手帳の見やすい場所、目に入りやすい場所に書きましょう。長くだらだら書くとわかりにくくなりますので、ここでもシンプル、短く、簡潔を心掛けていきます。未来形の助動詞 will を使って宣言しましょう。また、例文をご紹介する前に締め切りの期限や時期を表す前置詞をご紹介します。ただ漠然と目標を書くよりも、自分で締め切りを区切った方がゴールに達しやすくなります。

《期限や時期を表す前置詞の例》 
今週中に during this week 
あすまでに by tomorrow 
月末までに by the end of this month 
5月下旬までに by late May 
金曜までに by Friday 
9時までに by 9am/pm

間違えやすい「~まで」の until は「未来にある時点まで~を続ける」という意味があるため、締め切りに使うときは until ではなくて by を使います。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら