英語で書く「やる気アップ手帳」 ゴールや決意一言で仕事の英語手帳から始めてみよう(下)

Hello everyone! 英語講師の神林サリーです。日本で生まれて育った日本人はネーティブにはなれませんよね。でもね、バイリンガル(2言語話者)にはなれるのです。 わたくしの講座のコンセプトは「あなたをバイリンガルにいたします」。かんたんに英語をマスターできる学習法をお教えします。

先月1カ月目は「ネーティブ発想の英語ライティング」というテーマで、「Rules and a Good Style 英語の異文化理解」上編下編をお送りしました。2カ月目に入り、前回は英語手帳の書き方を具体的にご紹介しました。スマートフォンやデジタル機器で予定を管理している方も、アナログ的に仕事手帳を書くことから英語を日々使い、歯を磨くように習慣化していきましょう、とお伝えしました。

トライしてみましたか? 連載4回目の今回は英語手帳から一歩進んで、「やる気アップ手帳」の書き方をご紹介します。

語学は復習と繰り返しが大事

その前に、当たり前と思うかもしれませんが、語学は復習と繰り返しが本当に大事です。新しいことをたくさん学ぶよりも、今まで学んだことをおさらいして反復していきましょう。英語レッスンでも、必ず前回の復習から入ります。「あした学ぶことよりもきのうの学び」ということで、こちらの連載でもこれから必ず復習クイズを出していきます。今回初めての方は勘でもいいので、できるかトライしてみてくださいね。

まずは前回の仕事手帳4つのポイントから復習クイズを出します。英語に直してみてください。

Q1)4月28日 営業報告書 
Q2)5月7日 午前11時 Mさんとオンラインミーティング

できましたか?それでは答え合わせです。

A1)Apr.28 sales report 
A2)May.7 11am online MTG w/M san

日付は省略しましょう。時間は12時間表記です。ミーティング meetingMTG の省略で。mtg と小文字でもOK。強調したい場合は大文字で書いてください。w/with の省略です。

次は仕事のTo Do リストから復習クイズです。英語ではどう書きますか?

Q3)□ 企画書を提出する ______ ________ 
Q4)□ 研修に参加する ______ ________ _______

いかがでしょうか?それでは答えです。これじゃなくてはいけないというものではないので、参考にしてください。

A3)□ 企画書を提出する submit proposal 
A4)□ 研修に参加する attend training session

冠詞はこの際気にしないで単語だけ書いていきましょう、とお伝えしました。日本語とは語順が逆で「提出する 企画書を」となりますね。こんな風に自分が毎日使う予定やTo Do リストを書いていくと、アウトプットする英単語や表現が身につきます。

ポジティブになる一言や目標を書く

さあ、To Do リストが書けるようになったところで、ワクワクがキーワードになる「やる気アップ手帳」の書き方をご紹介します。ポイントは(1)自分を励ます明るいポジティブ一言英語(2)仕事の目標やゴールを英語で書く、です。

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.