powered by 大人のレストランガイド

カリフォルニア産シャルドネ お手ごろオススメの6本

太陽が降り注ぐ米カリフォルニア州のブドウ畑
太陽が降り注ぐ米カリフォルニア州のブドウ畑

冷えた白ワインが恋しい季節になった。そこで真っ先に頭に浮かぶのが「白ワインの女王」の異名を持つシャルドネ。世界的にも人気が高く、日本でもたくさんの種類が売られている。このほど東京都内で開かれたカリフォルニアワインの小売店・レストラン関係者向け試飲会で試飲した中から、お手ごろ価格で、かつ印象に残ったシャルドネを今回は何本かご紹介しよう。

シャルドネはフランスのブルゴーニュ地方が「本家」。だが、栽培しやすいことから、今や世界中で造られており、米カリフォルニア州も主要産地の1つだ。カリフォルニアのシャルドネを一躍、世界的に有名にしたのが、1976年のいわゆる「パリスの審判」である。

カリフォルニアワインとフランスワイン、どちらがおいしいか、フランスのワイン界の大御所が集まって、ブラインドテイスティングで順位付けしたところ、カリフォルニアの「シャトー・モンテレーナ1973」が白ワイン部門でブルゴーニュ勢を抑え1位に輝き、世界を驚かせた。赤ワイン部門も1位はカリフォルニアワインだった。

太陽が燦々(さんさん)と降り注ぐカリフォルニアは、ブドウが完熟しやすい。シャルドネの場合はパイナップルやマンゴーなどトロピカルフルーツに似た香りを帯びる。完熟したブドウは糖分が上がり、アルコール度数も高く、フルボディータイプが多い。

一方で、夏の気温がセ氏40度を超えるような内陸部で大量生産されたシャルドネは、暑さでブドウ中の酸が過度に減ったり、アルコール度数が高すぎたりして、味わいにバランスを欠くものが目立つ。

今回ご紹介するシャルドネは、味わいのバランスに優れ、かつ1本2000円台で買えるものを中心に選んだ。

シャトー・スーヴェラン シャルドネ2017。歴史あるナパ・バレーのワイナリーが手がける

◆「シャトー・スーヴェラン シャルドネ2017」(2200円)

スーヴェランは、シャトー・モンテレーナ1973の醸造を担ったマイク・ガーギッチ氏が在籍したこともある、歴史あるナパバレーのワイナリー。このシャルドネはフレッシュでフルーティーなタイプだが、ほのかな樽(たる)のニュアンスがボディーに厚みを与えている。コストパフォーマンスに優れたワインだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド