パソコンMAMORIO Inside 置き忘れたらスマホに警告

日経クロストレンド

スマートタグ「MAMORIO」
日経クロストレンド

電車の網棚に社用パソコンを置き忘れてしまった――。テレワークで起こりがちな重大トラブルを事前に防げるパソコン「MAMORIO PC」が2021年1月にNECから発売された。

MAMORIO PCはスマートタグ「MAMORIO」の機能をソフトウエア的に内蔵しており、持ち去りや置き忘れがあればスマホがすぐにアラートを発する、これまでにない画期的なパソコンだ。万が一、パソコンを紛失してしまった際は、他のユーザーの位置情報などを利用して追跡が可能。さらに、MAMORIOは提携した鉄道会社の駅や商業施設の遺失物センターに同社のタグを検知する専用アンテナを設置しているため、そこにMAMORIO PCが届けられればユーザーにメールで通知が届く仕組みだ。

MAMORIOの機能をソフトとしてプレインストールしたNECのパソコン

15年末にサービスを開始したMAMORIOのユーザー数や登録されたタグの数は、毎年30%増のペースで右上がりに増加。順調にシェアを獲得しているように思えるが、MAMORIO(東京・千代田) 代表取締役の増木大己氏は「当初の想定通りには増えていない」と語る。

これまでのMAMORIOは物理的なタグの販売が中心だったため、流通チャネルの影響を大きく受けていた。同社はスタートアップのため、大手メーカーのように販路を急速に広げることは難しい。「一部のアーリーアダプターが使っている『知る人ぞ知る』ツール止まりで成長に限界が見えてきた」(増木氏)と言う。

なくしたくない貴重品などにMAMORIOを取り付けておけば、置き忘れた際にスマホの専用アプリに通知が届く。他のユーザーのアプリと連携して探すことも可能だ
次のページ
スマホが無料で「MAMORIO Inside」に
MONO TRENDY連載記事一覧