定番人気「シャトル」の大容量タフモデル

ザ・ノース・フェイス「コーデュラバリスティック デイパック」(3万3000円)、幅34×高さ50×厚さ19センチメートル

今日に至るビジネスリュックブームの先駆けとなったのが、同ブランドの「シャトル」シリーズだ。今回紹介する「コーデュラバリスティック デイパック」は、そんな人気シリーズ「シャトル」の大容量なタフモデルとして、出張が多いビジネスパーソンから支持されている。

素材は、高強度を誇る1680デニールのコーデュラバリスティックナイロン。耐摩耗性に優れ、素材独特の光沢感と牛革のレザータブが高級感を演出する。

内部に15インチまでのノートPCやタブレットを収納できる専用スリーブや、ドキュメントホルダーなどの分類に便利な仕切りも搭載。フロントポケットには、やわらかなネオプレーン素材で仕切ったアクセサリーポケットやスマートフォン用ポケットを備えるなど収納力が非常に高い。

背面に成型したパネルを採用しているため背負いやすく、スーツケースのハンドルを通せるスリットも設けられている。「日々のビジネスシーンでも使いやすく、38リットルという容量の多さから旅行にも最適」(鰐渕氏)。

フロント上部のポケット内に、小物収納に役立つメッシュポケットとネオプレーンポケットを備える
次のページ
幅広いシーンで活躍する実用的なボックス型
MONO TRENDY連載記事一覧