こだわりの収集品を査定 目利き次第で「お宝」に

NIKKEIプラス1

家にたまった趣味のこだわり品を整理したい。中古品の総合的な買い取り店ではマニア好みの製品の査定は低くなりがち。特定分野に強い店に「我が家のお宝」を査定してもらった。

イタリア製スーツや靴を査定

「お値段つきません」。記者は服マニア。ブランド品を扱う都内の大手買い取り店に、こだわりいっぱいのイタリア製スーツとブレザー計3点を持ち込んだら、まさかの「オール・ゼロ円回答」。20~30年前に3万~15万円で購入したのに……。

へこむ記者に救いの手を差し伸べたのはイタリア古着専門店「アルティジャーノチャオ」。名古屋市内の本店に宅配便で送り査定してもらったところ2万~3万円の値が付いた。

同店は「クラシコイタリア」と呼ばれる伝統の職人技を生かした紳士服の買い取りと販売で全国的に知られる。代表の丹下徹さんは「クラシックな服の価値は30年たっても風化しない」と話す。

高級ブランド「キートン」のスーツの査定は3万円。約30年前に大阪で勤務していたとき、清水の舞台から飛び降りる思いで15万円をはたいて購入した。20年以上前にローマの老舗テーラー「アンジェロ」の在庫処分で買った3万円のブレザーは2万円。古さを考えれば大健闘だ。

大手がゼロ円と査定したのは裏地にシミがあったり、品質表示がなかったりといった理由から。一方アルティジャーノでは「すべて手縫いでブランドも珍しい」など愛好家目線の査定に留飲が下がる。買い取り基準は非公表だが、主に着用5~10年程度の質のいい既製服を新品発売時の約4分の1の価格で販売する。売れ筋は10万~15万円だ。

お次は東京・高円寺の古着店「サファリ」3号店。米「オールデン」など高級紳士靴の買い取りで注目を集める。4月1日から伊勢丹新宿本店メンズ館(東京・新宿)に常設売り場を設け、月2回買い取りを始める計画だ。

こちらも買い取り基準は非公表で中古販売価格の半分程度。20~30年前にイタリア旅行で3万円程度で購入した革靴3足を査定してもらった。

総合系大手と差がついたのは日本で無名でもうんちくのある製品。イタリア旧王家御用達店「バリーニ」とフィレンツェのオーダー靴店「マンニーナ」の既製靴は大手が600円、1200円と査定したのに対し、1万5000円、2万円と10倍以上。前者は甲革に小さなひび割れがあったが希少性などが評価された。

次のページ
分野絞った店など、大手も
MONO TRENDY連載記事一覧