スティック掃除機10選 吸引力・運転時間に不安なし

使いたいときにさっと手に取り、ホコリを吸えるスティック掃除機。スリムな形は収納場所を選ばず、充電式なら持ち運びや階段などの掃除も楽だ。あらゆる場面に役立ち、掃除が楽しくなる一台を専門家に選んでもらった。

■1位 ダイソン SV18FF 930ポイント
サイクロンの代名詞

「圧倒的な吸引力」(神原サリーさん)で知られる英国の掃除機ブランド。吸い込んだ空気を内部で回転させて、遠心力でごみを吸着するサイクロン式の代名詞。メタリックな紫をあしらう独特なデザインは「付属のスタンドと合わせてもインテリア性が高い」(風戸貴之さん)。

本製品はダイソンのエンジニアが日本の家庭を訪れ、細やかに掃除できる機種のニーズが高いと判断して開発された。ナイロンフェルト素材のブラシがしっかり床材に吸い付き「細かいほこりから大きなごみまでしっかり吸い込む」(石井和美さん)。じゅうたん、フローリングどちらも「バランスよく掃除できる」(安蔵靖志さん)。

独自開発のデジタルモーターは毎分12万回転する。従来モデルから25%軽量化したものの、風を発生させる内部機能を再設計して「安定の吸引力」(毎田祥子さん)。本体についているディスプレーは、バッテリーの残量が秒単位の使用可能時間で表示される優れもの。引き金部分を握り続けて掃除する仕組みで、操作中の音は「非常に静か」(戸井田満樹さん)。「幼児やペットのいる家庭におすすめ」(矢野きくのさん)だ。

(1)ヘッドをつけたときの重さ 1.9キログラム(2)充電時間 3時間半(ヘッド装着時の連続運転時間 40分)(3)価格の目安 7万5900円

■2位 三菱電機 HC-JD2X 800ポイント
瞬時にハンディー型に切り替え

収納時のたたずまいは「掃除機に見えないデザイン」(本間朝子さん)。「稼働している時間より、置いてある方が圧倒的に長い掃除機だが、きれいにまとまっている」(戸井田さん)と、独特のデザインに専門家の注目が集まった。

充電台に立てかけた状態で、取っ手を手前に引くとスティック掃除機として、上方向に持ち上げるとハンディー型として使える。パイプを外す作業は不要で「頻繁に出し入れしてもストレスに感じない」(阿部夏子さん)。小さい子どもを抱えていても持ちやすいので、専門家からは子どものいる家庭向けだとの声が相次いだ。

重心バランスが優れ、掃除中に重さを感じづらい。ヘッド部分も薄いため、ベッドの下など隙間掃除もしやすい。付属品も充実しており「狭いところに届くノズルや階段でも使いやすい蛇腹ホースに付け替えられ、様々なシーンで活躍する」(新田壮史さん)。

(1)1.9キログラム(2)90分(40分)(3)7万8000円

■3位 日立 PV-BL2H 670ポイント
指一本で支えられる軽さ

ランキング入りした製品中、最も軽量で「指1本でハンドルを支えられてしまう」(神原さん)。本体やヘッドを小型化し、パイプを軽量化する一方で、モーターの出力では妥協していないため「パワーは十分あり、細かいごみの取りこぼしも少ない」(矢野さん)。

ヘッドは発光ダイオード(LED)ライトつきで、家具の下など暗い場所も掃除しやすい。前後の幅も狭く「部屋の隅までしっかり掃除できる」(戸井田さん)。

ハンディー掃除機として使えば、重さは800グラム程度。一人暮らしや筋力のない人におすすめだ。本体から取り出すことなくワンタッチでゴミが捨てられるダストケースは髪の毛が絡みにくい構造で、ゴミを捨てきりやすい。

(1)1.1キログラム(2)3時間半(30分)(3)6万5000円

■4位 シャープ EC-AR5X 640ポイント
軽いのに床に密着

軽さが売りの掃除機はヘッド部分が床にしっかり密着しないように感じることがあるが、本機は「ヘッドが浮くこともなく、動かしやすい」(阿部夏子さん)。立ったままヘッドを外せて「カーテンレールや棚など、平面のみならず立体的に掃除できる」(石井さん)。

着脱式のバッテリーが2個ついてくるのも魅力で「長時間のお掃除もOK」(新田さん)。持ち手から手を離すとセンサーが感知。使っていないと判断し、自動で運転がオフになる。「家具をどかしながらの掃除もスムーズ」(本間さん)。週末まとめて家じゅうを掃除したい人や「一人暮らし、ファミリー層のサブにおすすめ」(毎田さん)。

(1)1.2キログラム(2)バッテリー1個あたり80分(35分)(3)4万8000円

■5位 シャーク CS401J 550ポイント
ハンディーの雄が放つ本格的スティック型

「日本でハンディー掃除機の火付け役となった」(阿部淳平さん)北米メーカーのスティック型掃除機。得意のハンディーへの切り替えはもちろん、ゴミ捨てやヘッドの交換などすべてが「ワンタッチで片手でできる」(神原さん)。持ち手がなく本体の軸をしっかり握って使うタイプだ。「他の掃除機とは異なる見た目で、モダンテイストな部屋に合いそう」(戸井田さん)

ヘッドはブラシを使わず、髪の毛などがからまない。「カーペット、畳、フローリング、床の素材問わず汚れの取りこぼしが少ない」(矢野さん)。充電台は付属品も収納しやすく「使いやすくていい」(安蔵さん)。

(1)1.9キログラム(2)3時間半(バッテリー2個使用時24分)(3)4万5000円

注目記事