島津亜矢さんとのデュエット 至福のとき(井上芳雄)第90回

井上芳雄です。僕はもともと誰かと一緒に歌うのが好きなのですが、年々その気持ちが強くなっています。最近は自分のラジオ番組などでデュエットする機会が続いていて、うれしい限りです。ほかの人と声をあわせると、理屈抜きで幸せな気分になれます。2人の声が溶けあったとき、1人で歌うのとはまた違った次元にいける喜びを味わえるからです。

3月14日に放送されたラジオ番組『井上芳雄 by MYSELF』(TBSラジオ)にゲスト出演した島津亜矢(中央)、パーソナリティーの井上芳雄(右)、ピアニストの大貫祐一郎(左)

僕のラジオ番組『井上芳雄 by MYSELF』(TBSラジオ)では、今までゲストに来ていただいた方と一緒に歌ってきたのですが、この1年くらいは新型コロナウイルスの感染対策でそれができませんでした。ようやくゲストを呼べるようになって、その最初(3月14日放送)が演歌歌手の島津亜矢さんでした。久しぶりにラジオのブースの中で一緒に歌えるだけでもうれしいのに、そのお相手が島津さんとは光栄なことです。

島津さんは演歌歌手ですが、ポップスや洋楽も歌われます。カバーアルバムのシリーズも出されていて、その最新作『SINGER7』ではミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌『ディス・イズ・ミー』も歌われています。黒人の女性シンガーが地声を高いところまで張り上げて歌う曲で、そこまで高いキーで強い音を出せる日本人の女性はあまりいないと思うのですが、島津さんはそれができるのがすごい。

ご自身でも演歌とポップスをそれほど区別してないとおっしゃっていて、どんな曲でもジャンルレスに歌える、本物の歌手です。ミュージカル俳優はお芝居をしながら歌いますが、歌手は歌だけでその世界を伝えるので、歌の説得力や存在感が違います。なかでも演歌の方は、みなさん声が個性的。島津さんにはその歌声の強さや魅力があって、やっぱり日本でトップクラスの歌手だと思いました。

番組では、僕が出演していたミュージカル『ルドルフ ザ・ラストキス』からオーストリア皇太子ルドルフと男爵令嬢マリーが歌う『サムシング・モア』をデュエットしました。島津さんは、曲を聴いて覚える耳コピーのスタイルなので、まず僕のパートを歌ったものを録音して島津さんにお送りして、それにあわせて練習してくださいました。完璧に覚えてらしたのはさすがです。心情の表現力も素晴らしいし、ラジオのブースの中でも全力で歌ってくださった様子にも感動しました。

デュエットの喜びは理屈じゃなくて、声を重ねあうことですごく幸せな気持ちになれます。声の響きはみんな違うのですが、一緒に歌うときは、お互いが歩み寄るというのかな。ビブラートの幅が小さな人もいれば、大きな人もいるし、ノンビブラートの人もいる。ピッチも人によって高めにとったり、低めにとったりで、リズムもそう。僕もそうですけど、歌声にはいろんな個性や癖があって、それをお互いにあわせながら一緒に歌うのが楽しいのです。歌いながら会話している感じでしょうか。

うまい人と歌うと、どれが自分の声か分からないというか、本当に溶けあって、1人で歌うよりもうまく歌えて、違う次元に引っ張ってもらえるような感覚になります。きっとお芝居をするのも、楽器を演奏するのもそうなのでしょうけど、1人ではいけないところにいけるんですね。島津さんとのデュエットも、島津さんの声に自分の声をあわせているのが至福のときでした。

翌週の3月21日の放送回には、ミュージカル俳優の浦井健治君がゲストに来てくれて、Kiroroの『Best Friend』をデュエットしました。浦井君がニューアルバム『Piece』でカバーしている曲なので、デュエットは彼がメインで、僕はサビでハモりました。ラブソングを男女で歌うのとはまた違う雰囲気で、自分たちがベストフレンドだと言っているような気持ちにもなったから、照れくささも。逆に言えば、普段の会話では言えないことも歌なら言える。そんな音楽の力もあるんだなと。もっとも、僕と浦井君がベストフレンドかどうかは分かりませんけど(笑)。

男性同士のデュエットで困るのは、曲が少ないこと。ミュージカルでもすぐに思い浮かぶのは何曲かしかなくて、『エリザベート』で黄泉の帝王トートと皇太子ルドルフが歌う『闇が広がる』が定番でしょうか。魔法のような曲で、どんなコンサートでも、歌えば必ず盛り上がります。男性同士のデュエットは、同じ人を愛してしまって、その人への思いを2人で歌うとか、お互いがケンカをしているという設定が多いのですが、『闇が広がる』は男性が男性を誘惑するシチュエーションが独特です。怪しいラブソングみたいなところもあるし、唯一無二の曲だと思います。

次のページ
デュエットのアルバムやコンサートへの夢
エンタメ!連載記事一覧