酒屋から乾めん製造を経て「即席めん」に

サンヨー食品の前身は1933年に群馬県前橋市の繁華街に開店した酒屋「泉谷酒店」だ。しかし、戦時中に前橋市内が空襲を受けて、店が焼失。戦後は酒販売と並行して、親類が経営していた乾めん工場を譲り受ける形で、食品メーカーに転じた。

52年に小麦粉の統制が解除されると、製めん業も自由化され、翌53年に同市内で「富士製麺」を立ち上げた。群馬県内の近隣だけでなく、コメどころで「うどんがごちそう」という新潟県などに販路を広げていった結果、商売は繁盛し、群馬県トップ級になったという。

製めん事業を主導したのは、サンヨー食品の実質的な創業者である井田毅氏(当時は専務)だ。製めん事業の拡大を夢見ていたころ、新聞である記事に目が留まった。日清食品の創業者である安藤百福氏がお湯をかけると、2分で食べられる「チキンラーメン」を開発したと報じられていた。

サッポロ一番シリーズを担当するマーケティング本部の(左から)福井尚基・広報宣伝部長、川井氏、水谷彰宏課長

取り寄せて試食すると、「確かにうまい」とうなったという。「当時、即席めんに参入したのは今でいうスタートアップばかり。井田氏は『会社存続のために何を選ぶか』と判断した結果、即席めん参入を決めたそうです」(福井氏)。

54年から始まった神武景気で国民の懐はあたたまり、冷蔵庫や洗濯機、白黒テレビが売れ始めた時代だ。仕事に忙しい人々は、簡単に食べられる即席めんを求めるようになっていった。井田氏が試作品を完成させたのは61年。その年、社名を富士製麺から「サンヨー食品」に変更した。

最初は日魯漁業(現・マルハニチロ)の下請けとしてスタート。ただ、缶詰が主力だった日魯は即席めんの販売にそれほど力を入れなかった。工場を操業させねば、サンヨー食品は赤字になりかねない。

自社ブランドでの製品化に一度は失敗していたが、「やはり自社ブランドで売らねば」と一念発起。新開発したのが63年に発売した「ピヨピヨラーメン」だった。すでにベストセラーとなっていたチキンラーメンに比して、「まだ、よちよち歩きのヒヨコ」という意味があったという。

「当時はチキンラーメンを筆頭に、ほとんどの即席めんがしょうゆフレーバーでした。後発の当社は、新しい試みがなければ生き残れないとの危機感があったと思います」と福井氏は解説する。64年には即席めんに参入したメーカーは160社にものぼった。

次のページ
「長崎タンメン」のヒットが足掛かりに
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら