最新ペット見守りカメラ4選 動画短縮やエサやりも

日経トレンディ

長期の巣ごもり生活でペット愛が深まる中、職場や外出先からもペットを見守っていたいと願う飼い主もいるのではないか。矢野経済研究所によると、国内のペットテック市場は約7億4000万円規模。そのうち約9割を見守りカメラが占める。

通常の屋内用見守りカメラとの最大の違いは、家の外からペットとコミュニケーションをとるための機能が充実していることだ。広範囲にカメラが首を振るパン(左右振り)・チルト(上下振り)機能で、室内にいるペットを探せる。双方向通話機能があれば、カメラに映るペットの声が聞け、こちらから声かけもできる。他にも動体検知して自動録画する機能があれば飼い主不在時のペットの動きを録画で確認できる。この機能を搭載する機種も増え、機能向上の競争が激しくなっている。

そこで、今回家電メーカー、防犯カメラメーカー、海外ベンチャー発の機種など4機種を選び、実際に使ってみた。

1週間分の動画を35秒で見られる機能付き

パナソニック「KX-HDN215-K」
実勢価格/2万1630円(税込み)
※定額利用の場合月額1430円(税込み)
サイズ/高さ133×幅98×奥行き98ミリ 450グラム
画質/約200万画素
パン・チルト/360度・90度
アプリ利用料/無料

パナソニックは、2018年にHDペットカメラの販売を開始。20年8月発売の現行モデル「KX-HDN215-K」は2号機に当たる。カメラの操作や再生は、専用スマホアプリ「ホームネットワークW」で行う。

2歳と5歳のメインクーン3頭と16歳のミックス1頭の猫を飼う青山明氏に使い勝手を試してもらった。

出力画質はフルHD(1920×1080)、HD(1280×720)、VGA(640×480)から選べる。フルHD画質を選択したところ、非常に鮮明で色もきれい。「毛の色合いや表情まで再現されていた」というのが青山氏の感想。アプリを操作し、カメラを見たい方向に動かすパン・チルト機能を使えば、最大で左右360度、上下90度を映し出せる。

長毛種のメインクーンの体毛まできれいに再現

動体検知センサーをONにするとカメラで動いたものを検知して自動的に10秒~15分間の録画をし、スマホに通知。ペットだけでなく動いたものを検知するため、一般的な見守りカメラでは、動画が大量に保存され、見直すのが大変になることが多い。KX-HDN215-Kでは「お気に入りの場所」を3カ所登録して見られる。「トイレや水飲みの場所を登録して外出中や夜中にどのくらい水飲み・排せつをしたかをさっと確認できた」と青山氏は言う。さらに行動ログ機能を使えば、特定の1カ所に絞り、20秒以上滞在した回数をカウント。動画一覧に足跡マークがつくため探しやすい。

青山氏は撮影した画像をダイジェスト版にする新機能「1週間ダイジェスト」にも気付き、「忙しい時でも1日5秒、最長35秒で振り返ることができるのは便利」と感想を語った。

気になった点は、声かけやパン・チルト操作してからひと呼吸のタイムラグがあること。パナソニックCMJ本部 商品センター スマートコミュニケーション・メディア担当 近藤譲氏によれば、この点は「技術面だけでなく、Wi-Fi環境などに起因する面もあり、これから解決していく」と言う。

初期費用なしで月々1430円(税込み)払うことで定額利用もできる。使い勝手や自宅でWi-Fi環境などとの連携がうまくいくかなどを試せるのは安心だ。

パン・チルト操作で天井近くのキャットタワーに登った猫も発見
次のページ
約7000円で高画質を実現
MONO TRENDY連載記事一覧