ブルドックソース「Jソース」 常識捨てスッキリ旨く

日経クロストレンド

2021年2月5日に発売されたブルドックソースの新商品「ブルドック Jソース(500g)」。ワンタッチで簡単に開けることができ、ボディー部分を押す強さで量の細かい調整ができる新容器を採用
日経クロストレンド

巣ごもり需要で家庭料理用の調味料が売り上げを伸ばす中、安定しつつも横ばい状態が続くソース市場。停滞した状況を打破すべく、ブルドックソースが2021年2月5日に新商品「Jソース」を発売。「『ソースの常識』を捨てたからつくれた」という新ソースは「ソース嫌い」層も狙う。

「ソース嫌いを、好きにさせます!」

「ブルドックソースのグループの総力を挙げて、ソースの嫌いなあなたをソース好きにさせます」

3月18日に東京フォーラムで行われた「ブルドックソース新商品『Jソース』発表会」冒頭で、ブルドックソースの石垣幸俊社長は開口一番、そう宣言した。「そのために、私どもが持っていたソースの常識を捨てました」(石垣社長)。Jソースの開発を担当したマーケティング部部長の佐伯舞氏(4月1日付で執行役員、マーケティング部は商品企画部に改称)がその言葉の真意を説明する。

「改めてお客様の声を伺いましたところ、私たちがソースの常識だと思っていた濃くて甘い味を不満に思っている方が非常に多いことが分かりました。こういったソース嫌いな方も食べたくなるような、濃くて甘いという常識を打ち破るソースをつくろうということで、開発に着手しました」(佐伯氏)

「すっきり旨い」ソースが求められる

追求したのは「これまでのソースが苦手な人もかけたくなるソース」であり、「どんなものにかけてもおいしいソース」。それはどういうものかと模索し続けた結果、「すっきり旨(うま)い」ソースであるという結論にたどり着いた。

商品を実現できたポイントは3つ。

1つは新たに加えたジュニパーベリー(ねずの実。セイヨウネズという木の果実を乾燥させたスパイス)。ジンの香り付けとして使われているといえば、風味を想像できる人もいるだろう。

「これまで(同社のソースには)使われておらず、今回初めて加える香辛料です。肉にも野菜にも非常に相性がよく、さらに消化吸収を助ける働きもありますので、ジュニパーベリーを入れることにより、最後までおいしく食べられる味わいになっています。2つ目はなじみのあるカツオや昆布のうまみ、3つ目は爽やかな酸味、この3つを組み合わせて、これまでにない『すっきり旨い(うまい)』味わいを表現しています」(佐伯氏)

お好み焼きと同じくらい、ウニに合う

新しい味わいなので、これまで「ソースには合わない」と思われていた食材とも相性がいいのではないかと考え、味覚分析の専門家に依頼し、味覚センサーでJソースとさまざまな料理との相性を数値化してもらった。

定番の粉もの、揚げ物の相性のよさはもちろんだが、お好み焼きは相性度98.2%で、従来のソースよりもさらに相性がよく、特にマヨネーズがかかっていると相性度が高まる。脂の多い肉料理とも相性がよく、ステーキとの相性度は95.4%、豚しゃぶは97.5%。さらに開発スタッフも驚いたのは、ウニとの相性のよさ。なんと「メンチカツ」(98.8%)、「お好み焼き×マヨネーズ」(98.2%)に次ぐ第3位で、98.1%だった(味覚を研究する味博士が率いるAISSY=東京・港=調べ)。

「発見が多く、マンネリ化しがちな食卓に驚きと楽しさを出せる、新しい定番の調味料が出来上がった」と佐伯氏は自信を見せる。

同社ではJソースの魅力をソース嫌いの層にも伝えるため、Twitter(ツイッター)で1年分プレゼントキャンペーンなどのウェブプロモーションを積極的に展開していく他、20万食のサンプル配布を行う予定だ。

本当に相性がいいのか、実食

発表会の後、料理との相性を実食で検証。用意されたのは「トンカツ」「お好み焼き」「ステーキ」「じゃがバター」「ギョーザ」の5種類だった。

発表会の後に「トンカツ」「お好み焼き」「ステーキ」「じゃがバター」「ギョーザ」の5種類でJソースを試食

間違いないと思われるトンカツから食べてみた。ひと口目で驚いたのが、ソースの味なのにソースとは思えない軽さ。甘さが少ないのでスパイスやうまみなど、複雑な味わいが際立ち、非常に洗練された味に感じられる。ほどよい酸味が、さらに軽さの印象を際立たせている。

お好み焼きは、具の風味が引き立ちいわゆる「オシャレな味」になるし、肉にかければステーキソースそのもの。じゃがバターにかければ、ほどよい酸味でバターのミルキー感がより増す。ちなみに、同じメニューで試食した発表会ゲストの高橋真麻さんと、お笑い芸人・霜降り明星の反応が一番大きかったのは、じゃがバターだった。

ソースらしい味は感じるが圧倒的に甘みが少なくさらっとしているので、素材本来の繊細な味がよく分かるし、酸味とうまみで食が進む。ちょうどソースとポン酢の中間のような味わいなので、ギョーザにも豚しゃぶにも合うのだろう。

ウニでも試してみたが、確かに生臭さが消えて、ウニ特有のクリーミーな甘さが際立つ。酸味とうまみの効果だろうか、個人的には確かにしょうゆよりも断然おいしく感じられた。

視覚新規ユーザーの掘り起こしが狙い

Jソースが一般的なソースよりもはるかに汎用性が高いのは間違いないだろう。

だが同社は9年前にも、汎用性の高さを売りにした「うまソース」を発売している。当時は健康志向の高まりで揚げ物を控える家庭が増え、ソースの売り上げが減少していた。そこで使用シーンを増やすために「調理でも使える万能調味料」として打ち出したのが、うまソースだった。しかし、現状ではめんつゆや白だしのような調味料としては定着していない。

だからこそ「ソース好きに使用シーンを増やしてもらう」のではなく、「ソースを敬遠している層に買ってもらい、顧客層を拡大する」新たな作戦を打ち出したのだろう。

ちなみにJソースのJは、「日本の新定番」を表す「J」の他に、「joint(ジョイント)」「joyful(楽しい)」「ジュニパーベリー(juniper berry)」の意味も含んでいるとのこと。

(文・写真 ライター 桑原恵美子)

[日経クロストレンド 2021年3月24日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧