N
働き方・学び方
次世代リーダーの転職学

誰があなたを知っているか 転職で重み増す「人脈力」経営者JP社長 井上和幸

2021/4/2

次世代リーダーの転職学

築き上げた「人脈力資産」は転職時の強みになり得る(写真はイメージ) =PIXTA
築き上げた「人脈力資産」は転職時の強みになり得る(写真はイメージ) =PIXTA

幹部やリーダーの皆さんの転職を支援していて「もったいないな」「もっと有効活用すれば良いのに」と最も感じるのは、みなさんがお持ちの「人脈力資産」です。応募先の企業各社が幹部やリーダーに求める資質、感じる魅力は「専門力資産(経験・知識・スキル)」「人間力資産(資質・人間性・タイプ)」、そして「人脈力資産」の3つの保有資産。コロナ禍を受けて、「人脈力資産」の重みは一段と増してきました。

転職活動にあたって常に意識すべきなのは、応募先企業があなたに何を求めているかです。「専門力資産」は当然、多くの人が自覚的であり(ただし、しっかりすり合わせができている人は案外少ないです)、「人間力資産」については意識できているか否かは人によりけり、まちまちです。そして、ほとんど意識されていないとみえるのが「人脈力資産」です。

職歴を開示する際に、それにまつわる人脈も開示する

緊急事態宣言は3月21日で解除されましたが、リバウンド(再拡大)の懸念は続き、ワクチン接種が一般まで広がるのはかなり時間を要しそうです。まだまだウィズコロナでの行動制限は続くことにならざるをえないと思われます。このような状況下で、あなたがこれまで長年にわたって積み上げてきた「人とのつながり」こそ、この対面行動制限下における最もパワフルな資産です。

幹部やリーダーの皆さんが仕事を通じて、様々な関係者との間に長らく培ってきた関係性・信頼性があってこそ、転職希望先企業が期待するような高く深い職務を遂行できます。知識や意欲はもちろん重要ですが、即戦力として遂行力や統括力を求められる皆さんに対しては、担当業務を実際に動かすにあたって、それに必要な関係者と具体的に業務を進めることができることこそ、応募先企業が求めたい・確認したいところです。あなたが人脈力資産を持つということが、その何よりの証明書となるのです。

ですから、まずお勧めしたいのは、面接時に、あるいはその前の書類選考の段階においても、あなたがどのような人脈を持っているかということについて積極的に開示していくことです。

たとえば、営業職であれば、どの企業と取引していたかだけでなく、カウンターパートとなっていた人はどのような部署のどのような職責の人だったのか。特に深く入り込んでいた案件では、取引先とどのようなコミュニケーションをしていたのか。

商品やサービスを企画・開発・製造するような部門ならば、どのようなパートナー、ベンダーと付き合ってきたのか。これもどの企業どまりではなく、どのような人に委託してきたのか。その人たちの実績はどのようなものなのか。

本社部門であれば、どのような他部門のとのやり取りをしてきたのか。自社のキーパーソンである社長や役員、事業部門の責任者などとのリレーションを持っているのか否か。

まずはこうした社内外の人たちとの付き合いについて棚卸しし、職務経歴書上でも面接時においても、業務経験の話をする際、面接・面談相手に伝えることを重視してください。それだけでも応募先相手の反応は大きく変わると思います。

注目記事
次のページ
応募先企業から信頼、安心される「人脈話」とは