60型の大画面 エプソンのスマートグラスでテレビ会議

シースルースタイルのメガネ型ヘッドセットと、Android搭載専用コントローラーがセットになったエプソンのスマートグラス、モベリオ「BT-40S」

セイコーエプソンの「MOVERIO(モベリオ)」は、両眼で映像を視聴するシースルースタイルのスマートグラスだ。2011年に最初のモデルが登場してから10年を迎えて、第4世代の新製品「BT-40S」が21年4月8日に発売される。背景に現実世界の景色を見ながら、約2.5メートル離れた先に60型相当の明るく高精細な大画面を映し出せる。国産スマートグラスの実力をエンターテインメントとビジネス、両方の活用シーンを想定しながら検証してみた。

モベリオは「顔に装着するプロジェクター」

最初にモベリオがどのように映像を表示しているのか仕組みから紹介しよう。最新機種のBT-40Sは、本体左右側面に0.453型のコンパクトな有機ELパネルを備えた光学システムを内蔵している。このパネルが表示する映像を、左右の瞳の前に配置した半透明のハーフミラーを幕面に見立てて、極小サイズのプロジェクターを使って投写しているのだ。スクリーン部分が半透明なので、ユーザーは映像の向こう側に広がる現実世界の景色を視界に入れつつ、動画や写真の鑑賞が楽しめる。

モベリオによる映像体験はいわゆるAR(拡張現実)やMR(複合現実)にカテゴリー分けできる。エプソンは長年にわたってホームシアター、オフィス向けの前方投写型プロジェクターを開発・販売してきたメーカーだ。モベリオに搭載する光学エンジンも独自に開発し、医療機器メーカーなどのパートナーに外販もしている。

透明なシースルースタイルのヘッドセット
左右側面に光学エンジンを内蔵。電源や映像はケーブル経由でコントローラーからヘッドセットに送られる
ハーフミラー(すりガラス状)のスクリーンにプリズムで反射させた極小プロジェクターの映像を投写する

専用コントローラーにAndroidを搭載

モベリオBT-40SはAndroid OSを搭載する専用コントローラーがヘッドセットとのパッケージとして販売される。ヘッドセットの側に固定されているケーブルで両方の機器を接続して映像信号の伝送、ヘッドセット側への給電を行う。Android搭載コントローラーはGoogle Playストアが使える。ユーザーが動画配信サービスにゲーム、ビデオカンファレンスなど任意の用途に合わせてアプリを自由に追加できる。

Android OSとGoogle Playストアを搭載した専用コントローラー

ヘッドセットを単品で販売する「BT-40」というモデルも21年3月に発売された。こちらはAndroid OSを搭載するスマートフォンなどのデバイスに接続して使うことを想定している。ただし、組み合わせられるAndroid端末は限られている。エプソンでは19年以降に日本国内で発売され、「DisplayPort Alternate Mode」による接続に対応するUSB Type-Cを搭載するスマホに限って、BT-40との動作確認の結果をホームページで公開している。

モベリオでAndroidアプリやイヤホンなどの外部アクセサリー機器を活用し、内蔵カメラによる動画・写真の撮影などを併用するのであれば、やはり専用コントローラーがセットになっているBT-40Sの方が安心できる。ただし、エプソン直販サイトの価格を比べるとBT-40Sは11万5500円(税込み、以下同)、ヘッドセット単体のBT-40が6万4900円だから5万円ほど高価になる。

背面に動画・静止画の撮影が可能なカメラが内蔵されている
コントローラーに有線・無線のイヤホンを接続して音声を聴くことができる
次のページ
明るく高精細な映像。シアター鑑賞やオンライン会議に
MONO TRENDY連載記事一覧