MEN’S EX

Keyword リラックススタイル隆盛の今だからこそ「オールスター」

CONVERSE(コンバース)

色あせないフォルムは時代とシーン問わずの汎用性

一種の“クラシック”な存在ともいえるコンバースのオールスター。定番ゆえに、ジャケットスタイルからリラックススタイルまで、幅広く使えると支持を集める。ビジネスでもカジュアル化が進む今の時代、ジャケットスタイルに合わせるなら、ひとひねりを。あえて4つボタンのスポーティーなダブルジャケットに、金ボタンで遊び心を加えるのも一手だ。

スニーカー5800円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) ジャケット9万8000円/ラルディーニ(ストラスブルゴ)

ファッション業界の洒落者たちはコンバースをこう履く!

ユナイテッドアローズ バイヤー 豊永譲司さんの着こなし

ジャケット4万2000円/ユナイテッドアローズ、パンツ3万3000円/ベルナールザンス、Tシャツ1万4000円/バトナ―(以上ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ) 靴〈本人私物〉

軽快&リラックスをテーマに

「クラシックを背景とし今のリラックスしたムードでシャツからTシャツまで楽しめる、4つボタンダブルの軽快さが最も自分の気分です。そのジャケットに合わせて頑張り過ぎない雰囲気にしてくれる濃い茶のハイカットを選択。シャツのタックインが、カッコよくきまるZINSのフレンチプリーツのリラックスシルエットのボトムスをはいて、シックでモダンな着こなしにしました」

◇  ◇  ◇

日本橋三越本店 紳士パーソナライズオーダーバイヤー 鏡 陽介さんの着こなし

シャツ1万5000円CHOYAビスポーク パンツ22万円/ルビナッチ(以上日本橋三越本店) ジャケット、タイ、靴〈本人私物〉

クラシック×トラッドでまとめる

「足首周りにボリュームがないので様々なパンツとの合わせが最も楽なスニーカー」とコンバースを評する鏡さん。合わせたのはボタンを金ボタンに付け替えたキートンの紺ブレ。「イタリアのクラシックなテーラードブランドとトラディショナルなブランドをミックス。リラックスしたラグジュアリーなものを華美に見せないようにトラッドなスタイルでリアリティーを持たせています」

◇  ◇  ◇

エストネーション PR 井平貴紀さんの着こなし

シャツ3万5000円/エムズブラック、パンツ2万4000円/ファクトタム × エストネーション(エストネーション) 他〈本人私物〉

シンプルなアイテムをさりげなく

「昨今ボリュームのあるスニーカーが多かったのですが、今は個人的にローテクが気分です。洋服もデザインが主張されているよりシンプルなアイテムが気分なので、それに王道のコンバースをさりげなく履きたいですね。昔から履いているコンバースですが、その時の気分でいろいろなスタイリングを助けてくれてますので、重宝しています」

◇  ◇  ◇

バインドPR プレス担当 河原昇平さんの着こなし

〈全て本人私服〉

旬なワイドパンツと好相性

「最近、ワイドやストレートのパンツをはくことが多くなったのですが、バランスをとるのにコンバースのシルエットが気分的にもバランス的にもマッチしていると思います。大定番の色合わせをカジュアルに着るために、ディテールで変化球を。4Bの金ボタン、シャンブレーの開襟、D,GREYのペインターパンツ。足元をマスタードカラーにし、シック過ぎないようにしました」

※表示価格は税抜きです。

撮影=若林武志 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=MASAYUKI(The VOICE) 文=小曽根広光、吉田 巌(十万馬力) 撮影協力=バックグラウンズファクトリー

MEN'S EX

[MEN'S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]


注目記事