powered by 大人のレストランガイド
2021/4/5
「神楽坂 鴨匠」のスペシャリテ「鴨メンチカツ」

同店のスペシャリテでもある「鴨メンチカツ」がこちら。

「超」粗びきした鴨肉で作るメンチカツは密度が小さくなるため、鴨肉からあふれ出た肉汁がひき肉とひき肉の間にたまりやすい。かぶりつくと口いっぱいに肉汁がじゅわーっと広がり、鴨肉のおいしさを最大限実感できるひと品だ。

下味はしっかりと付いているが、塩または天つゆで食べるとさらに美味。とくに、焦がしネギを浮かべた天つゆは、風味もユニークで大評判。一皿食べたあとに同じものをおかわりする客も多いというのがうなずける。

「鴨しゃぶ」のだしはカツオ、昆布、煮干し、ガラなしの鴨をミックスさせた繊細な味

そして、こちらが同店名物「鴨しゃぶ」だ。

生でも食べられるほど新鮮な鴨肉と鴨のつくね、ネギのみで構成されるしゃぶしゃぶは、シンプルであるがゆえに素材のうま味を堪能できるのが醍醐味。

カツオ、昆布、煮干し、ガラなしの鴨をうまくミックスさせた繊細なだしが沸騰したら、まずは店員がていねいにつくねを丸めて投入してくれる。

火が通ったつくねが浮かびあがってきたら、その後は自由にしゃぶしゃぶを楽しもう。お薦めは大量のネギを投入した後、鍋にさっとくぐらせた鴨肉とネギを一緒に食べるスタイルだ。

3枚ほどまとめてしゃぶしゃぶして、豪快にほお張るのもまたいい。食べ進めるほどにだしのうま味が増していくので、最後はラーメンやうどん、雑炊でシメるのもお薦めだ。

もちろん鴨メニューは酒に合う刺し身からステーキまで豊富にラインアップ。鴨しゃぶが登場するまでいくつか料理を注文しよう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド