powered by 大人のレストランガイド

聖地バチカン イースターに食べるイタリア料理と菓子イタリア美味の裏側(2)

復活祭には主に食用色素で色づけした卵を飾る=PIXTA
復活祭には主に食用色素で色づけした卵を飾る=PIXTA

カラフルに色づけした卵や、卵形チョコレートを飾るイースター(復活祭)。キリスト教の移動祝日で、今年は4月4日に当たる。イースターがいま一つ日本で盛り上がらないのはなぜだろう。キリストが没後3日目に復活したことを祝うこの祝日が、あまりに日本から遠い話だからだろうか。だが、イタリア料理や菓子からイースターを見てみると、ぐっと身近に感じられる。

イタリアは、人口の8割がキリスト教カトリック信者。なかでも、ローマ市内には、カトリックの総本山があるバチカン市国が位置する。だからイタリアは、復活祭をはじめ、カトリックの行事食としての料理や菓子が多い。

復活祭の前にまず、カトリックにはその準備期間がある。「四旬節(しじゅんせつ)」だ。キリストが40日間、荒れ野で断食をしたその苦しみをともにする期間である。今年の四旬節の前にも、カトリック教会のトップであるローマ教皇フランシスコが、信仰の表現の一つとして、四旬節の「断食」を呼びかけた。

「断食」といっても絶食するわけではない。肉を口にしない「肉断ち」が毎週金曜プラス1日、しっかりした1食だけで残りは軽くする日が2日。子供やお年寄りは、年齢によって従わなくてもよい。このように規定されたのは、1960年代後半からで、それまで敬虔(けいけん)な信者は肉と合わせて卵も乳製品も口にしなかった。

市場で売られるバッカラ(塩漬け干しタラ)。カトリックでは、「肉断ち」の日には欠かせない食材だった=PIXTA

この「断食」の四旬節に、ローマ市民は何を食べてきたのだろう。日本イタリア料理協会の初代会長で、東京・世田谷の「ホスタリア・エル・カンピドイオ」の吉川敏明オーナーシェフは話す。「私が料理を学んだ1960年代後半のローマでは、四旬節に白インゲン豆とツナのサラダや、バッカラ(塩漬け干しタラ)のトマトソース煮を食べていました。そのころはスーパーもなく、魚屋も少なかったので、乾物や保存食品が使われたのです」。宗教心が薄れ、食生活が豊かになった今、バッカラを食べる習慣はすたれつつある。

菓子でいえば、今年、イタリア食材専門店「イータリー」原宿店や、輸入食品店「カルディコーヒーファーム」が売り出した「マリトッツォ」。生クリームをたっぷりはさんだ菓子パンだが、もともとは四旬節にローマで食された甘いパンだった。オレンジピールやレモンピール、松の実、レーズンを入れ、バターでなくオリーブオイルを使った素朴なパンである。

「イータリー」原宿店限定で売られる、生クリームたっぷりのマリトッツォ

本来、四旬節は食の節制をすべき時期で、北イタリアの菓子で使われる脂肪分たっぷりの生クリームとは相いれない。吉川シェフによると、生クリームをはさんだマリトッツォは、1960年代にはまだなかった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド