高温で調理時間も短く 長く使える鉄フライパン3選合羽橋の台所番長が料理道具を徹底比較

人気上昇中、注目されている最新の鉄フライパン3選。写真手前「JIU」、左奥「極SONS COCOpanベーシック」、右「リバーライト極PRO」
人気上昇中、注目されている最新の鉄フライパン3選。写真手前「JIU」、左奥「極SONS COCOpanベーシック」、右「リバーライト極PRO」

東京・合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、プロが注目する最新の鉄フライパンを取り上げる(価格はすべて税込み)。

◇  ◇  ◇

こんにちは、飯田結太です。家での時間が増えて調理にこだわる人が多くなってきているようです。そこでブームが再来しているのが、鉄製のフライパン(以下、鉄フライパン)です。

鉄フライパンの大きな特徴は、長く愛用できること。そして、油がなじみやすく、蓄熱性が高く、食材にしっかりと熱を伝える放熱特性があります。つまり、高温で短時間で調理ができるので、焼き物はカリッと香ばしくでき上がり、いため物はシャキシャキ感を楽しめます。

ただし、焦げ付きやすい、さびることもあるというデメリットもありますが、これらの弱点は、使うごとに油をなじませて、使用前にフライパンをしっかり温めたり、使用後は洗ったらしっかり水気を飛ばしておけば問題ないこと。最近はあらかじめ焼き入れされているフライパンも増え、購入後に空焼きをする必要がないので、気軽に使用できます。

また、鉄の中でもさびにくく、窒化処理した鉄製のフライパンが充実してきたこともブーム再来の理由のひとつかもしれません。

そこで今回は、各メーカーが満を持して発表した自信作のフライパンを紹介します。

台所番長こと、合羽橋の老舗料理道具店、飯田屋の6代目、飯田結太氏

プロユースにこだわった極厚フライパン

リバーライト「極PRO」直径20センチ・重量1020グラム(9900円)、直径22センチ・重量1220グラム(1万1000円)、直径24センチ・重量1400グラム(1万2100円)、直径26センチ・重量1620グラム(1万3200円)。板厚3.2ミリ、窒化処理鋼板製

鉄製にこだわった極シリーズの鍋で知られるメーカー、リバーライト。極シリーズはロングセラーで、中でも取り換え可能な木製のハンドル付きフライパン「極JAPAN」は現在も欠品が出るほど売れています。そのリバーライトが満を持して発表したのが、プロユースを意識した「極PRO」です。

「極PRO」の特徴は、窒化処理鋼板製でハンドルが共柄(ともえ)、さらに板の厚さが3.2ミリもある極厚ということ。

もともと鉄製フライパンはプロユースでした。それが家庭でも使用するようになり、使いやすいようにハンドルを木製にしたものが増えていったのです。

プロユースがなぜ共柄かというと、プロが使用するバーナーは火力が強く、ハンドル部分まで火をかぶることがよくあるからです。さらに使用頻度が高く、その都度洗うため、木製のハンドルだと乾ききらずに腐ったり、カビができてしまうことが多く不衛生です。鉄製ならその心配は無用です。

ハンドル(長さ17.5センチ)部分まで鉄製

板厚が3.2ミリあれば、しっかりとフライパンの内部に熱をため込むことができ、熱ムラが少なく、焦げ目も均等につけることができます。しかもハンドルまで鉄製なので、そのままオーブンに入れたり、アウトドアで使用しても大丈夫という点もプロ仕様の理由の一つですね。

もう一つ、プロユースのメリットは、底面から側面へのカーブがなだらかに作られているため、ヘラが鍋肌に入りやすく、食材をひっくり返しやすいことです。調理を手早く仕上げることが求められるプロ仕様だからこその使い勝手を、十分に考えられているのです。

「極PRO」は登場したばかりにもかかわらず、プロからの問い合わせが多く、大ヒットの予感がします。

次のページ
アウトドアで使えるハンドルなし本格派
MONO TRENDY連載記事一覧