手さげ・肩かけサマになる ビジカジOKお洒落トート

ビジネスシーンにも「進出」し始めたトートバッグ
ビジネスシーンにも「進出」し始めたトートバッグ

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では、「シューズ」や「アウター」のほか、「バッグ」の記事がよく読まれていた。

バッグに関連する記事の内容を見ると、「トートバッグ」が最も多かった。素材に関する頻出語としては「キャンバス」が上位だった。今回はキャンバス生地のトートバッグに注目する。

春夏らしい軽快な素材感が魅力のキャンバストートだが、レザー素材のものに比べると、カジュアルな印象になりやすい。大人が手に入れるなら、デザインや質にこだわって選ぶ必要がありそうだ。今回はFACYに登録する各店のおすすめを紹介する。

高品質の国産素材 オンオフ問わないデザインも魅力

「トートバッグを選ぶとき、まず注目すべきは容量です。A4サイズの書類や13インチのノートPCがしっかり入る、そんなサイズを目安にしたいですね」

そう語るのは、熊本の「ORANGECOUNTY(オレンジカウンティ)」オーナーの大島隆氏だ。Butler Verner Sails(バトラーバーナーセイルズ)のキャンバストートを紹介してくれた。同店で10年以上も取り扱っている人気商品だという。

東京・渋谷発のかばんメーカーが手がけるブランドのトートバッグ。国内産の8号キャンバスと栃木レザーをコンビにした同ブランド定番の一品だ。Butler Verner Sails / キャンバストート 1万780円(税込み)

「生地は、旧式の織り機で手間をかけて作られた『倉敷帆布』です。老舗の皮革メーカーが手がけた『栃木レザー』のストラップは手に食い込みにくく、使うほどに柔らかくなじんでいきます。素材にこだわっているのに、価格が1万円ちょっととリーズナブルなので支持されています」

カラーは、キャメルとチャコール、ネイビーがある。なかでも大島氏のおすすめはネイビーだ。

キャップやデニムパンツでコーディネートしたカジュアルなスタイリング。持ち手のレザーが上品なアクセントになっている
ジャケパンスタイルに合わせても違和感はない。落ち着きのあるネイビーが全体の統一感を演出する

「3色のなかでも特に上品な雰囲気なのがネイビー。オンオフ兼用で使いたいという方にも好評です。デニムを取り入れたカジュアルなスタイルだけでなく、かっちりしたジャケパンスタイルとも相性がいいですよ」

次のページ
バッグはこれひとつで十分 「両A面」のリバーシブル
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram