N
趣味・ガジェット
私のモノ語り

2021/3/26

私のモノ語り

「美奈子については、まともなきちんとした女性だなと思いながら演じていたんですけど、作品を見終わったときは『あれ? 普通じゃなかったな、美奈子も』と思いましたね(笑)」

まともって一体何だろう?

公開中の出演映画は、『婚前特急』で数々の映画賞を受賞した前田弘二監督と脚本家・高田亮さんによる『まともじゃないのは君も一緒』。泉さんは、ナマイキ盛りの予備校生・香住(清原果耶)の差し金により、数学オタクの予備校教師・大野(成田凌)に言い寄られる社長令嬢・美奈子を演じる。

「主人公は予備校生と予備校の先生で、『まともじゃないのは君も一緒』というタイトル。いったいどういう話なんだろうと思って台本を広げたら、普通になれない2人の姿が面白くて。笑って読み終えたときには、『普通って、こんなに難しかったっけ?』『まともって一体何だろう?』と考えさせられましたね」

社長令嬢・美奈子役を演じた泉さん。(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

「美奈子は、幸せに生きてきた女性。奇抜な発言もしないし、自分と近い部分もあるので、ナチュラルに役に入れました。自分と近い部分ですか? あるとすれば、周りを見てしまうところかなぁ。空気を読んだり、立場を考えたり、男性を支えようとしたり、そういうところは共感できました。演じる際に意識したのは、柔らかい雰囲気を出すこと。育ちの良さを出すために動作を少しゆっくりにしたり、話し方をゆったりとさせたり、口調が強くならないように心がけていました」

美奈子はカリスマ実業家との結婚を控えているが、偶然を装って近づいてきた大野に心引かれてしまう。泉さんも、同じようなアプローチを受けたことはあるのだろうか。

「えっ……ないかなぁ。自分が偶然を装って近づいたこともないです。そこまで緻密な計算ができないタイプです。普段は、どうやって近づくんだろう? でも、いいなと思う人がいても、自分からは行けないですね。運命や縁に任せます」

「もともと私、心配性で、慎重過ぎるんですよ。何でも悩んで、石橋をたたき過ぎて、最後は割ってしまうタイプ。ネットで何か買うときも、最新情報を調べて、前と何が変わったかを把握しますね。家電なら、メーカーごとにそれを調べます。だから便利な比較サイトを見るのが好きです。そうやって調べて満足しちゃうから、結局、また買わない。慎重過ぎるところが、私の普通じゃないところかもしれません」

「『まともじゃないのは君も一緒』は本当に面白い映画。見ながら、ずっと笑っていました」

細胞を作る食べ物にこだわる

モデルも女優業も、体が資本。そのボディーメイク術をまとめた本も出版している泉さん。「食」にはこだわりがあり、悩むより積極的に試すタイプ。

「食にはこだわっていますね。調味料や食材を厳選して、取り寄せたりします。最近のお気に入りはオリーブオイル。イタリア産やフランス産、小豆島のオリーブオイルも使っています。あと、フルール・ド・セルの塩は甘くておいしい。調味料から食を楽しんでいます」

「今、欲しいものは?」と聞くと、「ないです」と笑いつつ、考えて答えてくれた。

「かつおぶしが欲しいです。カツオ、削りたいんですよ。知り合いの方が削っていて、『おいしそう!』と思ったのがきっかけなんです。まだよく分かってないので、まずはかつおぶし削りの道具について調べたい。カツオを削って、おいしいおかかごはんを食べたいですね」

「必要なもの以外は、あまり要らないタイプなので。部屋もシンプルです」
泉里香
1988年生まれ、京都府出身。2003年、実写版『美少女戦士セーラームーン』で女優デビュー。明治大学文学部卒業。19年より『Oggi』の専属モデルとして活躍、「Indeed」などのCMでも人気に。女優としての主な出演映画に『春待つ僕ら』『記憶屋 あなたを忘れない』、ドラマに『海月姫』『スキャンダル専門弁護士QUEEN』『ゲキカラドウ』など。4月10日スタートのBSテレ東『高嶺のハナさん』でドラマ初主演を飾る。
(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

『まともじゃないのは君も一緒』

予備校教師の大野は、数学オタクで世間知らず。自分の何が普通と違うのかさえ分からない。その教え子でナマイキ盛りの予備校生・香住は、イケメン実業家・宮本を追っかけ中。ある日、大野が「僕だって普通に結婚したい」と漏らしたことから、香住が悪知恵を発揮。「女の人と付き合う練習」と称し、宮本の婚約者・美奈子に大野を接近させる。監督・前田弘二 脚本・高田亮 音楽・関口シンゴ 出演・成田凌、清原果耶、山谷花純、倉悠貴、大谷麻衣、泉里香、小泉孝太郎 全国ロードショー中

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

注目記事