オフィス家具になるリュック コクヨSTAND BACKPACK

日経クロストレンド

コクヨの新製品「STAND BACKPACK」。収納するノートパソコンのサイズに合わせ、13.3インチモデルが1万8150円(税込み)、15.6インチモデルが2万900円(同)。ネイビー・ブラックとダーク・グレーの2色展開
コクヨの新製品「STAND BACKPACK」。収納するノートパソコンのサイズに合わせ、13.3インチモデルが1万8150円(税込み)、15.6インチモデルが2万900円(同)。ネイビー・ブラックとダーク・グレーの2色展開
日経クロストレンド

コクヨが2021年2月に先行販売を開始した「THIRD FIELD(サードフィールド)」は、テレワーク時代を見据えた新ブランド。オフィスを持ち出すことを主眼に置いたビジネスバッグやドキュメントスタンドなどのアクセサリー類を展開する。その中核にあるのが、「STAND BACKPACK」という「立てられる」ビジネスリュックだ。

開発がスタートしたのは19年7月。その過程で行われたのが、実際のコワーキングスペース「WeWork なんばスカイオ」で働く人々をじっくりと観察することだった。そこから、リュックの具体的なアイデアやアクセサリーの必要性が見えてきたという。

完成した製品は、一般的なビジネスバッグとは明らかに異なる特徴を備えている。開発チームが何よりも優先したのが、まず「立つ」ということ。「ワークスペースでの働き方を観察している中で目立っていたのが、仕事中に床にだらしなく横たわっているリュックだった。そしてガジェット類はテーブルに散乱。そこで、自立して、ガジェット類の出し入れも簡単に行えるリュックを作りたいというアイデアが生まれた」と同社クリエイティブプロダクツ開発部の木下郁氏は語る。

ユニークなのは、一般的なバックパックのフロントポケットにあたる部分が、まるごと「立たせる」ためのスタンドとして機能すること。ショルダーストラップを幅広のバンドで押さえる仕組みも、3Wayバッグ的な発想ではなく、床に垂れていると衛生的に問題があるし、だらしなく見えるという視点で作られている。こうした発想は、バッグメーカーではなく「オフィス家具メーカー」としてのコクヨならではと言えそうだ。

初期のデザインスケッチ。様々なアイデアから「オフィス家具としてのバッグ」という商品が生まれた
最も苦戦したのは、スタンド部分のデザイン。写真右のように側面に開き留めを設けることで、背負ったときにも一体感が出るようになった(両方とも試作品)

仕事道具を定位置にしまえる収納部の構造とは

同社商品企画部の伴和典氏が「机の袖にある引き出しの代わりになるバッグを作ろうと考えていた」と語るように、このリュックは机の横に置いた状態での使い勝手を考えた製品。通常、バッグメーカーは手に持っているときや移動中の機能からバッグの設計を組み立てていくが、STAND BACKPACKは「持ち歩ける引き出し」が発想の原点だ。

そのため、机の上や床に置くのではなく机の脇に立てて使い、2段に分かれている収納の上部にはガジェット類や筆記具などを、下部にはそれ以外のものを入れるというスタイルになっている。

上段の収納部は、どこに何を入れるかが明確に想定されており、まるでオフィスデスクの最上段にある仕切りが付いた引き出しのよう。水筒や折り畳み傘など使用頻度が低いものは下段の収納部へ入れる。これもまたデスクの袖の引き出しと同じ構造だ。下段はサイドのジッパーを開けて出し入れする。

背負いやすさや、立てたときの接地部分を少なくすることを考慮し、厚みは水筒やペットボトルを想定した薄めのサイズに設定。バッグに入れるノートパソコンに合わせて、大小2つのサイズを選べる。レンズ交換式のデジタルカメラなど荷物を多く持ち歩く場合は、収納部が若干大きい15.6インチモデルを選ぶ方がいいだろう。

スタンドを引き出すことで安定して立てられる。開口部が大きく開き、ツールを出し入れしやすい
二本手のハンドルを搭載。手に提げて移動する際は、ハンドルが安定して持ちやすいことが重要だ

THIRD FIELDシリーズでは、他にも立てられる書類ケース「STAND DOCUMENT BAG」や、スマホが2台入る立てられるポーチ「STAND PHONE POUCH」など、オフィスの机を再現するような様々なツールを展開。テレワークやフリーアドレスなど、働く「場所」や「時間」を自由に選べる時代に向けた「持ち運べるオフィス家具」は、新たなジャンルとして広がりそうだ。

(ライター 納富廉邦)

[日経クロストレンド 2021年03月8日の記事を再構成]

注目記事