2021/3/24

応用編 差し色になる「ドレスニットポロ」

布帛のシャツでは怯むようなカラーも、ニットポロなら意外とスタイルにさらりと取り入れられる。いつものJKスタイルを新鮮に見せるならこれだ。

AIDABARNI(アイダバルニ、左)

高品質なニットで有名な伊・プラトーの老舗メーカーが母体。ボタンを外せばスキッパー風となる1つボタン仕様や、縞柄のように見せたリブ編みで洒脱な仕上がり。コットン100%。4万8000円(カヴァレリア)

DRUMOHR(ドルモア、右)

同社ハイゲージニットの中でも最もクリーンで上質なタッチを誇る30ゲージシリーズのポロ。カットソーのように軽く特有の優雅さを保ちドレッシーだ。コットン100%。2万9000円(バインド ピーアール)

色気とリラックス感が同居したブレザーの着こなし

風格のダブルだからこそ休日はこんなポロ合わせで肩の力を抜くのが洒落巧者の技。年配の方にも似合う色気を備えた装いで食事の席にも◎。ジャケット11万8000円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店) ※ポロシャツは上写真と同じ。チーフ〈スタイリスト私物〉

春の明るい日差しに映えるポロジャケスタイル

ベージュ×ボルドーは伊達に見せたといときの最強の色合わせ。ここではジャケットもポロも編み柄入りのため、より洒脱な雰囲気だ。明るい茶系のパンツや、色褪せデニムを合わせたい。ジャケット3万5000円/ギ ローバー(バインド ピーアール) ※ポロシャツは上写真と同じ。

ライトトーン同士でグレンチェックも清涼に

白×黒のモダンなグレンチェックジャケット。白や黒のポロでモノトーンライクに決めてもいいが、淡いブルーとすることでぐっと春らしい雰囲気に。合わせるパンツはネイビーを推奨。ジャケット4万2000円/ソブリン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ※ポロシャツは上写真と同じ。

ブルー系の重ね着で、爽やかかつエレガントに

ネイビージャケットに淡いブルーのポロという爽やかなコーデ。ありがちではあるが、滑らかで程よく艶のある上質なニットポロゆえ、大人の余裕とエレガンスをしっかり醸し出している。ジャケット6万5000円/ラルディーニ(ビームス 六本木ヒルズ) ※ポロシャツは上写真と同じ。

※表示価格は税抜きです。

撮影=若林武志 スタイリング=武内雅英(CODE) 文=吉田 巌(十万馬力)

MEN'S EX

[MEN’S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]


NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.