マニア心そそる「VAIO Z」 買ってわかった真のスゴさ戸田覚の最新デジタル機器レビュー

筆者が購入した新生「VAIO Z」

パソコンメーカーのVAIO(長野県安曇野市)が6年ぶりに刷新した最上位機「VAIO Z」を自腹で購入した。個人的な話で恐縮だが、VAIOを購入したのは本当に久しぶりだ。最後に買ったのが8インチディスプレーを搭載したコンパクトPC「VAIO P」なので、10年ほど前になる。筆者は最近のVAIOを高く評価しており、新製品が出るたびに買おうと考えていたのだが、どうしても1.2ミリのキーストロークが許容できずに二の足を踏んでいた。

今回、新たに登場したVAIO Zは、とてつもない高スペックに加えフルカーボンという、パソコンとしてはまったくの新しいボディーを搭載している。これだけでもかなりそそられたのだが、キーストロークも1.5ミリへと深くなっている。

今回は高価なモデルを思いきって購入し、手元に届いて感じたことを中心にレビューしていこう。

価格は38万円を超える

VAIO Zには、通常のモデルとプレミアムモデルにあたる「SIGNATURE EDITION」が用意されている。通常モデルでも公式オンラインストアでの販売価格は27万2580円(税込み、以下同)からと、最近のパソコンにしてはかなり高価だ。

最大の特徴は高速なCPU(中央演算処理装置)。米インテルの第11世代Core iシリーズの中でも、ゲーミングやクリエーティブな用途に向けたノートPCに搭載される格上のタイプである「Hプロセッサー」と呼ぶモデルを採用している。つまり、一般的なモバイルノートに比べると一段上の性能となる。

SIGNATURE EDITIONは、CPUがさらに1ランク上のCore i7-11375Hで、最大5.0ギガヘルツ(GHz)で駆動する。加えて、これまで以上の読み書き速度を誇る第4世代の高速なソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を搭載する。

どうせ高いVAIOを買うのだから、個人的にはSIGNATURE EDITIONの一択だと思っている。そもそもコスパだけを考えるなら他のノートを選んでいる。VAIO Zを買うならば、最上位モデルを買って、末永く快適に使いたいと思うのだ。

メモリーは16ギガバイト(GB)でストレージは512GBとした。どちらも個人的には十分な容量である。この選択で価格は38万2580円となる。ただし、各種の値引きやクーポンなどがあるので、最新の価格は同社のウェブページで確認してほしい。

気になるパフォーマンスは、ベンチマークの結果を掲載しようと思ったが今回はやめておく。実際に使ってみると、ベンチマーク以上の高速感があるのだ。例えば本体の起動が非常に速いだけでなく、ExcelやPowerPointも瞬時に起動する。アプリを一から立ち上げたのではなく、最小化したウインドウを最大化したのではないかと勘違いするほどのスピードだ。

しかも、冷却機構が優れているので、複数のアプリを立ち上げて長時間使っていても遅く感じることがないのは素晴らしい。

背面のデザインもとてもシンプルだ
次のページ
カーボン柄は非常にそそられる
MONO TRENDY連載記事一覧