N
趣味・ガジェット
webCG

アウディRS 4 ハイテクまとった令和版スポーツワゴン

2021/4/11

webCG

「RS 4アバント」の0-100km/h加速は4.1秒。最高速はリミッターによって280km/hに抑えられている(写真:荒川正幸、以下同)
「RS 4アバント」の0-100km/h加速は4.1秒。最高速はリミッターによって280km/hに抑えられている(写真:荒川正幸、以下同)
webCG

最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。

タダモノではない存在感

最新のRS 4アバント(以下、RS 4)は“フルモデルチェンジなみのビッグマイナーチェンジ”をうたって上陸した改良版「A4」と、ほぼ同時の昨2020年10月に国内発表されたモデルである。ベースモデルであるA4の改良版が、ビジュアルから中身まで大幅な進化を豪語するいっぽうで、そもそもの登場がA4の2年3カ月(国内では2年9カ月)遅れだったRS 4については、アウディ ジャパンも“一部改良”と称するレベルの変更にとどまる。

改良版A4がフルモデルチェンジなみを自認する根拠のひとつが、車体外板の大半を刷新していることにある。新しいA4は前後ホイールアーチ周辺を横にふくらましたブリスターフェンダーが大きな特徴で、それに連なる前後ドアパネルもフェンダーに合わせて手が入れられている。しかし、RS 4はもともと専用オーバーフェンダーを備えており、その形状は今回は変わっていない。よって、それに連なるドアパネルもRS 4だけは従来型のままなのだ。

前後の灯火類やフロントのセンター&バンパーグリルの形状もA4に準じた変更が実施されてはいる。ただ、RS 4の場合はそうした細かい形状の変化より、RS用グリルのブラックメッシュが先に目に入るので、結果的にA4ほど変わった実感がわきにくい。

外観で従来型RS 4とハッキリと区別できるのは、フロントグリルとボンネットフードの間に設けられたスリットだ。これはもちろん往年の「スポーツクワトロ」へのオマージュだが、同じA4系列の「S4」のほか、最新世代のアウディが広く採用しているディテールでもある。

しかし、実際に見るRS 4のオーラは相変わらずタダモノではない。全幅はA4や「S4」の20mm増というが、見た目には「もっと幅広いのでは?」と思うくらいの迫力だ。こちらはベース車と同寸であるにもかかわらず、車高もベッタベタに低く見える。

従来モデルから明確に変わったのがフロントまわりの意匠。グリルや左右エアインテークを含むバンパーに加え、ヘッドランプのデザインも変更された
狭められたホイールハウスのクリアランスや、大きく張り出したオーバーフェンダーが目を引くエクステリア。全幅はベース車より20mm大きい1865mmとなっている

従来モデルからの変更は限定的

改良版A4ではマイルドハイブリッド化など、パワートレインにも大きめの変更が実施されている。しかし、RS 4にかぎっては、パワートレインやサスペンションがもともと専用のフルチューンモノであり、RS 4じたいの発売も最近だったから、今回は明確な変更は公表されていない。

というわけで、新旧RS 4には走行メカニズムにおける明確な変更はとくになく、外装では灯火類やバンパー、内装ではセンターに新しい大型タッチディスプレーが採用され(て、コンソールのダイヤルコントローラーが消滅し)た以外に、正直いって、カタログ映えする変更は見当たらない。なるほど一部改良と呼ぶのが妥当だろう。

現行「A4」由来のインストゥルメントパネルまわりは、“ボタンレス化”が推し進められる今日にあってはややクラシックな趣。アルカンターラのステアリングホイールやカーボンの装飾パネルは有償オプションである
注目記事
次のページ
洗練された2.9リッターV6ツインターボ