間島和奏と考えた コロナに負けないエンタメビジネス

イベントで発言する間島さん
イベントで発言する間島さん

Voicy「ながら日経」「ヤング日経」は3月2日、「アイドルと学ぶ日本経済」シリーズの1回目となるオンライン配信イベント「コロナ下のエンタメビジネス」を開きました。「密」を避ける新型コロナウイルス対策の中で、エンターテインメントでもオンラインイベントが模索されるようになりましたが、ファンの熱量の維持や収益化が課題となっています。コロナでエンタメビジネスはどう変わるのか。数多くのオンラインライブを手掛けているスピーディ(東京・港)の福田淳社長とアイドルグループ「ラストアイドル」の間島和奏さんが議論しました。モデレーターは日本経済新聞社の鈴木亮編集委員。

YouTubeでのライブ画像はこちら

ライブエンタメはほぼ全滅

鈴木「コロナでとにかくいろんなビジネスが痛めつけられました。流通系、外食系、レジャー系……。このイベントビジネスの世界もぴあ総研の試算によりますと、今年1月までで約7000億円の損失と言います。市場規模の8割に相当するくらいの損失ですね。福田さんは現状をどう見ていますか」

福田「音楽ライブだけじゃなくて、お芝居だとかファッションショーだとかライブエンターテイメントがほぼまあ全滅してしまいました。ライブハウスもそうです。だからもう大変な経済的な痛手は日本だけじゃなくて世界中であると思います。一方で未来を見れば元々デジタル化が遅れていた日本がDX(デジタル・トランスフォーメーション)を進めるいいチャンスにするしかない」

「音楽マーケットで言えば日本はまだまだCDが売れる余地があるんです。米国では3年前に完全にオンラインの方が(CDなどの)パッケージを超えています。パッケージはプレミアム商品以外ないような実情でしたから。日本はその流れについては遅れましたので、これを機会にオンラインのキャッチアップして行くと言う風に前向きにみたらどうかなというふうに思っています」

イベントに参加した間島若菜さん(右)と鈴木亮編集委員 福田淳さんはリモート参加

鈴木「ピンチをチャンスに変える局面ということですね。間島さん、アイドルも2020年は本当大変だったと思います。この1年を振り返っていただくと、その前の2年間に比べると様変わりって感じでしたね」

間島「ファンの顔を直接見る機会も減りました。やっぱり私たちも寂しかったですし、きっとファンの皆さんも同じだと思います。私たちは『会いに行けるアイドル』というのがベースにあります。握手会とかで普段みなさんに応援していただいた恩返しを分かりやすい形でできなかったので、すごく不安でもありましたね」

鈴木「そんな中で『愛を知る』と『何人も』と2曲リリースしました。でもオンラインだとやっぱりファンに思いが届かなかった部分もあったんですか」

間島「そうですね。オンラインライブが多かったので、ファンの反応が見えないじゃないですか。不安が大きいというか、ちゃんと届いているのかなという気持ちはやっぱりどこかにありました」

オンラインライブの可能性

鈴木「今、間島さんからもお話がありましたけど、音楽業界、イベント業界で全く新しい動きとしてオンラインライブが始まりましたよね。実は福田さんがオンラインライブを始めたのは昨年の4月です。まだ本当にコロナになって間もないころですね。既に60件以上ライブをしているということですが、実際やってみていかがですか」

福田「東京が緊急事態宣言になって、うちの(所属歌手の)レイヤマダのオンラインライブをまず無料で沖縄からやってもらいました。その後笑点のメンバーの落語や夏に(女優の)渡辺えりさんのお芝居を3本配信しました」

「始めたときは『みんなが大変な時に有料のオンラインライブとは何事か』という批判もありました。そういう声も出るだろうなと思っていましたが、僕にははっきりした理屈がありました。熊本の震災だとか東日本大震災みたいに一部の地域だけがダメになって、ほかの日本全国が普通の経済状況であればボランティアで、無料でエンターテイメントを提供するべきです。実際そういうふうにしてきたんです。でも今回の場合は世界が全部止まった。これは新しい生きる道を示さなきゃいけないと思いました。有料でやってスタッフにもお金を払います」

「実際、最初は赤字でしたけれども、やるうちに固定ファンがついてきました。渡辺えりさんのお芝居はお客様の年齢層が高かったので、どうやっていいかわからないという声に対応してオンラインのやり方もきっちり説明するビデオを作りました。生で観ると5000円ですが、オンラインは3500円にしました。フタを開けてみたらオンラインで買った方の平均が5000円でした。寄付できる仕組みを作ったんですね。すごい年配の方も勉強して、どうせだから応援したいということで払ってくださる方が多くてそういう結果になったんです。もう昨年の夏頃にオンラインが一つのマーケットになるだろうなという確信を持っていました」

次のページ
オンラインでトータルの観客数増える
エンタメ!連載記事一覧