投信積み立て、値下がりを味方に 安いときに多く買う未来の私を変える投資レッスン(最終回)

【登場人物】
■田丸磨音(たまる・まね)
メーカー勤務5年目の27歳。独身。藤士のレッスンで資産運用の大切さを知り、投資信託の積み立て投資を始めようとしている投資初心者。趣味はヨガ。
■里中藤士(さとなか・とうし)
証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー。35歳。最近、男性・女性ともに若い世代から資産運用に関する相談が増えている。趣味は家庭菜園。

前回:投信選びは3ステップで まず「アラカルトorコース」

藤士:前回は投資信託の選び方をレッスンしましたね。今回は磨音さんが実際に投資をしていくうえでのポイントや注意点をお話しします。磨音さんは毎月の給与の中から積み立てての投資でしたよね。もう始めましたか?

磨音:すでに投信を選んで、毎月自動で積み立てる手続きも終わりました。でも、いざ積み立てが始まるとなると、経済ニュースなどが気になるようになって……。2月にはニュースで「日経平均が30年ぶりに3万円台」とか言われていましたよね。米国の株もかなり高いらしく、こういった時期に投資を始めるのは、タイミングとしてどうなんでしょう?

藤士:確かに、日米の株価は現在のところ高値圏といえそうですが、磨音さんは特にどんな点が気になっていますか?

磨音:今が高値だったら、この後、大きく下がったりしたらどうしようかと……。

藤士:もしそうなったら、どうしますか?

磨音:怖くなって売りたいと思ってしまいそうです。

藤士:怖いという気持ちもわからなくはありません。ただ、すぐに売るのはちょっと待ってください。なぜなら、下がったときに売ってしまうというのは、そのマイナス、つまり損を確定する行為に他ならないからです。

磨音:確かに。でも、下がると不安です。

藤士:下がったときというのは、考え方を変えれば、安く買える「お買い得なとき」といえます。磨音さんは、狙っていた洋服がバーゲンで安くなったら、どう思いますか?

磨音:お買い得! と思います。

藤士:では、なぜ投資では下がったら怖いのでしょう? すでに買ってあった資産も一緒に下がってしまうからですよね。でも、磨音さんが始めた投信の積み立て投資では、まさに値下がりを味方にすることができます。

磨音:そうなんですか!? なぜですか?