オンラインで住まい探し 臨場感アリ、交通費を節約

NIKKEIプラス1

春は引っ越しの季節。新生活に向け、住まい探しが盛んになる。コロナ禍で外出しづらいなか、オンラインでも住まい探しができると聞いて、どんなものか試してみた。

リクルート住まいカンパニーSUUMO副編集長の笠松美香さんに聞いた。「スマホの普及で手軽に写真や動画を撮れるようになり、物件の情報が充実しました」。写真に加えて部屋全体を見回せるパノラマ画像や動画が情報サイトに掲載されている。

内見も不動産仲介業者が自宅にいる客に部屋を中継する形式が広がる。不動産情報サービス、LIFULL HOME,S(ライフルホームズ)事業本部の松田栄樹さんは「現地までの交通費など費用も節約でき、1日に内見できる件数も増えます」と話す。

一般的に仲介業者の店頭で契約する際、宅地建物取引士の資格を持つスタッフが注意事項を説明する必要がある。これも感染防止の観点からオンライン化が進む。ライフルホームズの内見可能物件数(21年2月時点)はこの1年弱で約4倍に増えた。

流れは対面と同じ。(1)物件探しと仲介業者への相談(2)内見(3)契約――の順に進む。

まずは物件探し。以前は地域内の仲介業者に限定して扱われる物件もあったが、「情報サイトの充実でネット検索と店頭で見られる物件数に差がなくなりました」(笠松さん)。

非公開の情報でも、教えてもらえるものがある。番地など詳細な住所がわかれば、グーグルマップのストリートビューを使い、駅までの道や環境などを確認できる。候補物件の絞り込みにつながる。

物件が見つかったら、オンラインで可能か聞いてみる。内見が可能な場合は、スケジュールを担当者と相談し、間取り図などをメールで取り寄せよう。事前に印刷して確認しておけば、内見中に得た情報などを書き込み、後から見返して吟味できる。

いざ、オンラインの内見に「出かけた」。案内役は不動産仲介、ミニミニ城北・川越店店長の山田貴文さん。内見の前に仲介業者指定のアプリをスマホにダウンロードする。今回はライフルホームズが提供するアプリを使ったが、オンライン会議ツールZoomを使う業者もある。

注目記事
次のページ
利便性高い郊外が人気