ゴミ削減、達人の知恵と工夫10選 誰でも簡単にできる

(左)マイボトル、(右)シリコンの蓋
(左)マイボトル、(右)シリコンの蓋

プラスチックなどのゴミを減らす動きが高まっている。個人でできる工夫やテクニックはないものか。家事や環境問題などに詳しい専門家に聞いた。

■1位 マイボトル・マイタンブラーを持ち歩く 670ポイント

外出先で飲み物を買うと、ペットボトルやカップなどを消費する。飲料など国内で販売されたペットボトルは2019年度に約245億本(PETボトルリサイクル推進協議会)。自分専用のボトルに好みの飲み物を入れて出かければ、環境負荷を低減できる。

「外出前の慌ただしい時間に水筒を準備するのはひと手間だが、空のボトルを持ち歩き、コーヒー店で中身を入れてもらうだけでも効果はある」(服部雄一郎さん)。スターバックスやタリーズコーヒーなどのコーヒーチェーンのように、マイボトル持参で割引にしてくれる飲食店もある。

温かい飲み物の場合、紙コップより長時間、保温できる。「白湯を入れて持ち歩き、飲み終わった後、コーヒーを買う」(曽我美穂さん)という手もある。

最近は様々な容量やデザインのボトルが出ており、持ち歩くのに負担にならない小ぶりのものもある。「ペットボトルは回収に出すのに、洗ったり乾燥させたりと手間がかかる。節約にもなる」(本間朝子さん)と、実践しやすく利便性が高い。

■2位 生ゴミコンポストを作る 460ポイント
PIXTA

18年度に家庭から出たゴミは約3000万トン。燃やすゴミのうち約4割が生ゴミという自治体の調査もある。野菜のくずなどを土の中の微生物の働きで堆肥(たいひ)に変えるのがコンポスト。専用の容器に土と生ゴミを入れるだけだ。

家庭菜園やガーデニングをしているなら使い道もある。「ゴミ回収がない日も捨てられ、肥料になるので一石二鳥。子どもがいる家庭では、自然の循環を身近に感じられる機会になりそう」(小林祐子さん)

ベランダで始められる市販品もある。「魚の骨や内臓、エビの殻なども処理できる。臭いの悩みから解放され、快適」(曽我さん)

■3位 インターネット通販で「簡易包装希望」と書く 450ポイント

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンによると、「不要な使い捨てプラスチック製品や過剰包装のサービスが多い」と感じる人は8割強に上った。インターネット通販では梱包材にプラスチックなどが使われる。

過度な包装が不要なら備考欄などに「簡易包装希望」と記す。「出品者を評価するフリマアプリなどでは過剰包装になりがち」(山田亮さん)。割れ物でないなら「『気泡緩衝材は入れないで』と書く」(服部さん)と徹底する専門家も。井出留美さんは「通販は運搬の際に二酸化炭素を放出。近くで手に入るものなら直接買った方がいい」と指摘する。

■4位 コンビニなどで箸やスプーンを断る 440ポイント

コンビニで弁当やデザートなどを買うときに付けてもらえる箸(はし)やプラスチックのスプーン類を断る。「すぐに実行できる。デリバリーなどでも断るようにしている」(山野萌子さん)

家事代行サービスの専門家からは「どのお宅にもストックがある。一定量以外はためないのも一つの工夫」(小林さん)との声も。

EU(欧州連合)ではプラスチックのスプーンやフォークの使用を禁止するなど、国際的に規制する動きが高まる。「マイ箸、マイスプーンを常備する。気に入ったものを使うと気持ちも上がる」(高橋ゆきさん)

■5位 ラップ代わりにシリコンの蓋 380ポイント

料理の保存や電子レンジでの加熱の際に使用するラップフィルムを、シリコン製の蓋(ふた)やラップに置き換える。100円ショップなどで簡単に手に入り、洗って繰り返し使える。「すぐ実践できるゴミ削減策」(山田さん)だ。

洗う手間はあるものの「場所をとらないし、ゴミにもならないので良い」(矢野きくのさん)という利点がある。「安易にゴミにしていたラップフィルムの量を減らせるだけでなく、ほかに繰り返し使えるものがないか、意識することにつながる」(近藤典子さん)

注目記事