MEN’S EX

2021/3/21

TOD'Sは人気モデルの進化系が注目された!

No.1 NEW CITY GOMMINO(ニュー シティ ゴンミーニ シングル T)

街履きドラシューの傑作がさらにフィット感アップ

名作ドライビングシューズを街中仕様にアレンジしたシティ ゴンミーニの新作。「やや幅広の木型になり、ヒールカップも日本人の足型に馴染む小ぶりに。大きくなったペブルによりクッション性が向上したのも人気の要因です」(PR担当)7万3000円(トッズ・ジャパン)

No.2 T TIMELESS MOCCASINS(T タイムレス モカシン)=下の写真左

ガンメタルバックルで足元を一層クールに演出

一見スマートながら細すぎず、甲も高めに設定されたバランスのいい木型が人気のスリッポン。今季はバックルを渋いガンメタリックカラーに。「オフィスカジュアルに映える靴として30~50代のビジネスマンに支持されています」(PR担当)8万9000円(トッズ・ジャパン)

No.3 NO_CODE X(ノーコード X)=同右

モードテイスト漂うトッズ流ハイテク靴

従来のノーコードシリーズよりも格段と軽くなり、履き心地も進化。「黒や白のベーシックなカラーリングが好評。ファッション感度の高い方にとくに人気で、雑誌やSNSで一目惚れして来店されたというケースが目立ちます」(PR担当)9万9000円(トッズ・ジャパン)

ALDENのNo.1は定番ローファーの進化系!

No.1 N0205L(ペニーローファー レジャー2ソール仕様)

軽く柔らか、そのうえ上品な超優秀ラバーソール

一見、大定番のアメトラローファーのようだが、「レジャー2ソール」と呼ばれるラバーソールを採用。「革底のように薄く上品で、軽さと屈曲性に優れたソールです。より寛いだ履き心地で、悪天候や出張、ドライブシーンなどにも対応する一足として好調でした」(プレス吉川さん)9万7000円(ラコタ)

No.2 54321(コードバンVチップ)=下の写真左

オールデンファンにとって永遠の憧れといえる逸品

フレンチの巨匠ピエール・フルニエによって世に広まったVチップ。こちらは最も定番的な「#8」シェルコードバンによる1足だ。「“THE ALDEN”といえるモデルで、10代から80代まで、あらゆる年齢層から人気」(プレス吉川さん)12万4000円(ラコタ)

No.3 56251(コードバンキャップトウ)=同右

キャップトウながらカジュアルにも相性抜群

こちらも大定番、モディファイドラストのコードバン製キャップトウだ。「オールデンのキャップトウはビジネスからカジュアルまでカバーできる汎用性が特徴。お客様から長年好評をいただいている理由も、その使いやすさゆえですね」(プレス吉川さん)12万4000円(ラコタ)

J.M. WESTONのBEST3は定番作が勢揃い

No.1 SIGNATURE LOAFER #180(シグニチャーローファー #180)

圧倒的な品質を誇る70年以上のロングセラー

1946年に誕生して以来のベストセラー。豊富なウィズ展開もジェイエムウエストンならでは。「不動の支持をいただいているブランドのアイコンシューズです。トラッド派だけでなく、様々なスタイルのお客様にご愛用いただいています」(マーケティング・マネージャー仲西さん)10万円(ジェイエムウエストン 青山店)

No.2 GOLF#641(ゴルフ #641)=下の写真上

素朴な表情で飽きのこないフレンチUチップ

「定番の“タン”カラーですが、2020年に発売したスエードタイプの『ユージーンゴルフ #C41』も大好評でした。色違いで2足、3足とお求めになる方も多いですね」(マーケティング・マネージャー仲西さん)11万5000円(ジェイエムウエストン 青山店)

No.3 HALF HUNT #598(ハーフハント #598)=同下

今、さらに人気を高めるスプリットトウ

かつては“ロジェ”の愛称で親しまれていたスプリットトウダービー。「ゴルフ」よりスマートなトウシェイプで若干ドレッシーな面持ちだ。「今まで以上に人気が高まっているモデルです」(マーケティング・マネージャー仲西さん)12万円(ジェイエムウエストン 青山店)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
次のページ
程よいカジュアル感が今の気分に合致
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram