MEN’S EX

2021/3/16

阪急メンズ東京に聞いた! アンダー10万円の売れている靴 BEST3

欧州の名門靴がひしめくこの価格帯は、本誌読者にとって最も売れ筋が気になるところだろう。阪急メンズ東京のBEST 3は、靴好きなら誰もが知る名靴が並ぶ、納得の結果に。いずれも時代を問わず愛用できる逸品だ。

No.1 CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)

いまやタッセルの代表作となった新傑作が不動の人気

スーツからデニムまで合う汎用性に人気が集中

タッセルローファーブームの火付け役となった「キャベンディッシュ3」が不動の支持を獲得。日本人向けに改良されたラスト「375」による履き心地のよさも魅力だ。「タッセルローファーの代表作といえる名靴です。スーツからデニムにまで合う汎用性も、多くのお客様からご好評をいただいています」(紳士靴バイヤー宮武さん)8万2000円(阪急メンズ東京)

No.2 MAGNANNI(マグナーニ)

個性が炸裂した"ダブルオパンケ"にファンが一目惚れ

レザー×ラバーのソールで機能性にも配慮した一足

色気と個性が光るスペインの人気ブランド。「ソールをアッパーに被せるように縫い付ける『オパンケ製法』が同社のお家芸ですが、こちらは左右両側にそれを施したダブルオパンケがポイントです。ソールの一部にはラバーを用い、グリップ性も優秀。ファンの方なら一目惚れするはずです」(紳士靴バイヤー宮武さん)6万6000円(阪急メンズ東京)

No.3 PARABOOT(パラブーツ)

鉄板の休日靴は今、オンオフ兼用の一足として躍進

ラフに履いても安心な堅牢さも魅力的

幅広い世代に人気を博す定番Uチップ「シャンボード」が3位にランクイン。堅牢なノルウィージャン製法と自社製ラバーソールも同作ならではの魅力だ。「本来はカジュアル靴ですが、今はオンオフ兼用靴としてお求めいただいています。非常に堅牢で、悪天候でも履けるのもポイントですね」(紳士靴バイヤー宮武さん)6万5000円(阪急メンズ東京)

日本橋三越本店に聞いた! アンダー10万円の売れている靴 BEST3

阪急メンズ東京とは対照的に、日本橋三越本店では本格靴ブランドのスニーカーが大きく台頭。スポーツスニーカーとは一線を画す高級感と贅沢な履き心地に魅了される大人が今、急速に増えているとのことだ。

No.1 SANTONI(サントーニ)

本格スニーカーの元祖といえる一足が再び人気沸騰中

エレガントなシェイプとミニマルな総黒が大人顔

本格靴業界でいち早くスニーカー作りに取り組み、以前にも大ブームを巻き起こしたサントーニが今、再び人気。「ドレスシューズを思わせるスリムなラストを採用し、エレガンスを薫らせた仕立てがサントーニならでは。ソールまでオールブラックで統一したミニマルさも大人に好評です」(紳士靴バイヤー高塚さん)5万5000円(日本橋三越本店)

No.2 A. TESTONI(ア・テストーニ)

由緒正しいボローニャの老舗に根強いファン多し

パンチングメッシュ素材がさりげない個性を加味

イタリア・ボローニャの老舗が手がけたレザースニーカーは、清潔感あふれるオールホワイト。「一見シンプルなデザインですが、パンチングによるメッシュ素材のアッパーを使用しているのがポイント。上品さと軽快感を両立し、程よく個性も主張できるスニーカーとして大好評です。(紳士靴バイヤー高塚さん)4万8000円(日本橋三越本店)

No.3 J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

ベーシックながらこだわり満載の作り込みが高評価

クオリティはいわずもがな細部の洒脱さも出色

クラシックなテニスシューズをモチーフにした「オンタイム スニーカー」が3位。「オフィスカジュアルの靴としても人気が高まっている一足です。一見非常にベーシックですが、サイドにパーフォレーションを思わせる穴飾りが施されているなど、本格靴ブランドらしい意匠が効いています」(紳士靴バイヤー高塚さん)8万円(日本橋三越本店)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
次のページ
阪急メンズ東京に聞いた! 10万円オーバーの売れてい
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram