有森裕子 東京五輪、ボランティア辞退「1%」の重み

日経Gooday

ボランティアは大会の顔。一人ひとりの笑顔や生き生きと働く姿が、大会を盛り上げます。(C)Pavol Stredansky-123RF
ボランティアは大会の顔。一人ひとりの笑顔や生き生きと働く姿が、大会を盛り上げます。(C)Pavol Stredansky-123RF
日経Gooday(グッデイ)

2021年2月末に開催されたびわ湖毎日マラソン大会(滋賀・皇子山陸上競技場)で、鈴木健吾選手(富士通)が大迫傑選手(ナイキ)の持つ日本記録を33秒上回る、2時間4分56秒の日本新記録で優勝しました。びわ湖毎日マラソンは今大会で幕を閉じましたが、鈴木選手の素晴らしい走りのおかげで、記録にも記憶にも残る大会となりました。明るいニュースが少ないコロナ禍で、こうしたトップアスリートの活躍を目にすると励みになり、元気になれます。

鈴木選手は残念ながら東京五輪への切符は手にできませんでしたが、その次の目標に向けてぜひがんばってほしいと思います。また、鈴木選手の記録が他の選手たちへの良い刺激となり、練習に取り組むモチベーションにつながればいいなと思います。

森前会長の発言、「SDGs」への貢献を掲げた初の五輪なのに…

さて、先月、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗前会長が、女性を蔑視した発言によって辞任に追い込まれたことは皆さんの記憶にも新しいかと思います。その後任として、五輪担当大臣を務めてきた橋本聖子氏が新会長に就任されました。

森氏の発言内容については多くの方が批判をされていますし、同委員会は既に新たな体制で動き始めているので、ここでは深く言及しません。ただ、東京五輪・パラリンピックは、今までの五輪になかった、男女平等の理念も含む、「SDGs」(持続可能な開発目標)への貢献を掲げています。五輪開催地の組織のトップがその理念を理解されていないような発言をしたことは、社会全体がコロナ禍で大会開催が危ぶまれている中、組織・体制への不信や不安を生んでしまったと感じずにはいられません。

橋本氏の会長就任に関しては、性別に関係なくこれまでの経験や実績を見ても適任だと思いますし、今この役職を担えるのは彼女しかいないと思います。ただ、今回の森氏の辞任をめぐって、毅然とした態度を見せることができなかった組織委員会の対応をニュースなどで見ていると、誰が会長を務めるかも大切ですが、組織全体の意識が変わらなければ、また同じような問題が起こるのではないかという心配がぬぐえません。今回の一件を機に、組織全体が五輪・パラリンピックを開催する本来の意味・意義を考え、意識改革をよりいっそう進めてほしいと思います。

辞退したボランティアの思いに寄り添うコメントがなぜない?

私も含め、国民の不信感をさらにあおる出来事の1つが、大会ボランティアに対する対応でした。森氏の女性蔑視発言とその後の対応を受けて、五輪ボランティアの辞退が相次ぎました。2月24日の報道では、約1000人のボランティアが辞退したと組織委員会が発表しています。もともと予定していた大会ボランティアは約8万人で、辞退されたのはそのうちの1%強に当たる人たちだそうです。組織委員会は「辞退された方には大変申し訳ない」とは伝えながらも、「大会運営には支障はない」という見解を示しました。

次のページ
ボランティアにお礼を伝えるランナーの姿に感動した引
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント