こんなにある、Wi-Fi 6ルーターに買い替える理由

Wi-Fi 6は、Wi-Fi 5よりもかなり速い。PC21編集部が実施したテストでは、条件次第で2倍以上も高速だった。有線LANよりも速い(図5)。もし、Wi-Fi 6対応パソコンやスマホが手元に1台でもあるのなら、今すぐにでもWi-Fi 6対応のルーターを導入するのがベストだ。

図5 それぞれの速度を同一環境で比較した[注]。Wi-Fi 6の場合、Wi-Fi 5と同じ80MHzの帯域幅でも1.4倍も速い。また、一部のWi-Fi 6ルーターで利用できる160MHzの帯域幅を利用すると、1.5Gbps程度まで出る。これはギガビットイーサネットの有線LANよりも高速だ

Wi-Fi 6で通信できるのは、対応機器同士の接続に限られる。Wi-Fi 6対応のパソコンやスマホを持っていても、Wi-Fi 6ルーターがなければ性能を生かしきれない。従来のWi-Fiルーターと同様、Wi-Fi 6対応ルーターも過去の規格と互換性が保たれており、Wi-Fi 5や4対応の機器とも接続できる。ただし、その場合、過去の規格の速度となる(図6)。

図6 Wi-Fi 6の速度をフルに生かせるのは、Wi-Fi 6に対応する機器同士を接続したときのみ。Wi-Fi 6 ルーターは過去の規格とも互換性を保っており、Wi-Fi 5などの機器も接続できる。ただし、その場合は過去の規格の速度で接続する

とはいえ、手元にWi-Fi 5対応機器しかなくても、Wi-Fi 6対応ルーターに買い替える理由はある。メーカーによるとWi-Fi 5対応ルーターよりも高性能なCPUを搭載しているため、性能に余裕があり安定した通信ができるという。また、Wi-Fi 6ではデータの転送方法に「OFDMA」を採用しており、通信の効率が向上した。従来の「OFDM」では個別に通信しなければならなかったが、OFDMAは一度に複数の機器と通信できるため効率が良い(図7)。

図7 Wi-Fi 6はデータ転送に「OFDMA」(直交周波数分割多元接続)を採用。従来の「OFDM」(直交周波数分割多重方式)は、一度の通信で1つの機器にしか通信できず、複数台が同時に通信する環境だと効率が悪い。OFDMAは一度の通信で複数機器に通信でき、効率が良い

Wi-Fi 6対応ルーターでWi-Fi 5対応機器を高速化

Wi-Fi 6対応ルーターを導入することで、Wi-Fi 5対応の機器でも条件がそろえば速度は上がる。従来のWi-Fi 5対応ルーターの多くは、電波の幅を示す帯域幅が80MHzと狭かったが、Wi-Fi 6に対応するルーターの上位機種はその倍の160MHzに対応している。帯域幅が広いと、その分通信は速くなる(図8)。

図8 Wi-Fi 6ルーターの一部製品は、160MHzの帯域幅に対応する。従来のWi-Fi 5の多くは帯域幅80MHzなので、単純に倍だ。帯域幅が広い分、速度のアップが期待できる。図5のグラフを見てもわかるように、同じWi-Fi 6でも80MHzと160MHz の帯域幅では大幅に速度が違う

160MHzの帯域幅は、連続した160MHzの帯域幅を使う仕組みの「HT160」と、2つの80MHzの帯域幅に分けて使う仕組みの「80+80MHz」の2つがある。そのうちHT160はWi-Fi 5でも対応するパソコンがあり、HT160対応のWi-Fi 6ルーターと組み合わせると速度が向上する。

ノートのWi-Fi 6化はUSB接続子機の登場に期待

手持ちのパソコンをWi-Fi 6に対応させるには、デスクトップパソコンなら拡張ボードを挿せばよい。ただし、ノートパソコンで利用できるUSB接続タイプの子機は、21年2月現在販売されていない。海外では発表されており、近いうちに登場するとみられる。内部に拡張ボードでWi-Fiを搭載しているノートパソコンであれば、Wi-Fi 6のボードを入手して自分で交換する手もある。ただし、交換は自己責任だ。

[注]Wi-Fi 6ルーターはバッファローの「WXR-5950AX12」を使用。Wi-Fi 6パソコンはレノボ・ジャパンの「シンクパッドX1カーボン2015年モデル」(ボードをインテルWi-Fi 6 AX200に交換しWi-Fi 6対応に改造)、Wi-Fi 5パソコンは「同2019年モデル」(インテルWireless-AC 9560搭載)を使った。Wi-Fiルーターから1メートル離れた場所で、「LAN Speed Test」(Totusoft)で計測したダウンロード時の最大速度を結果として採用。

(ライター 田代祥吾)

[日経PC21 2021年4月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧