「いい人」感と艶っぽさを両立するモダンビンテージ

いい人そうで、人懐っこい。ボストンスタイルは知的でありつつ、どこかほっこりした印象で女性の心の扉をスムーズに開ける魅力に満ちています。初めましてのご挨拶(あいさつ)などには、まず間違いないチョイス。ですが、ボストンの中でも、それだけに終わらないのが不動の人気を誇るOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の505モデルです。

スティングら一流アーティストも愛用する。ビンテージラグジュアリーを提案するブランドらしさ満点 3万9930円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ青山店)
クラシックな雰囲気を醸し出す505モデル

クラシックに見えますが、そのフレームやサイズ感のデザインバランスによってシャープさやクールさも醸しだし、できる印象も底上げします。更には、その金属使い。フレーム部分やリム部分に施されたビンテージ調のゴールドは、さりげなく目力を色っぽく引き立て、クラシックな顔をしながらセクシーなムードも醸しだします。

つまり、いい人そうに見えつつ、かなりのだて男っぷりを演出できるのがこのメガネ。発表当初の1980年代から人気が衰えないのがわかります。好感度のその先の魅力に「深追い決定ね」と微笑を浮かべるお姉様たちが続出なのも、はい納得。リラックスしたリモートスタイルにも相性がよく、テクニック要らずでおしゃれに見える効果も見逃せません。

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE