powered by 大人のレストランガイド

料理とピッタリ酒精強化ワイン 家飲みにオススメ5本エンジョイ・ワイン(36)

シェリーの熟成樽の内部。液面に産膜酵母の層が見える(The Jerez-Xeres-Sherry
Regulatory Council提供)
シェリーの熟成樽の内部。液面に産膜酵母の層が見える(The Jerez-Xeres-Sherry Regulatory Council提供)

コロナ禍で世界的に家飲み需要が高まっているが、昨年から今年初めにかけて、ワインにうるさい英国人の間で人気を呼んだワインがある。ワインに蒸留酒を加えて造る酒精強化(フォーティファイド)ワインだ。酒精強化といってもアルコール度数が比較的低いものも多く、味わいも辛口から甘口まで様々。産地によって個性も違う。食前酒、食後酒のイメージが強いが、料理との相性も実は優れている酒精強化ワインの魅力を紹介する。

酒精強化ワインといえばスペインのシェリーやポルトガルのポート、ポルトガルのマデイラ島で造られるマデイラ、さらにはイタリアのシチリア島で造られるマルサラが代表格。他にも、南フランスのVDN(ヴァン・ドゥー・ナチュレル)やオーストラリアのラザグレンマスカットなどがある。

共通するのは、発酵途中か発酵後にアルコール度数が最高90度台の蒸留酒を添加し、ワインの最終的な度数を15~20度前後に高める点。普通のワインの度数(11~14度)と比べると、確かに高い。ただ、米カリフォルニアなどブドウの糖度が上がりやすい産地では、普通のワインでも度数が15度を超えるものもあり、酒精強化ワインが際立ってアルコール度数が高いというわけではない。日本酒とほぼ同じ度数といっていい。

辛口か甘口かは蒸留酒を加えるタイミングで決まる。発酵の早い段階で添加すると、ブドウの糖分がアルコールに転換されずまだ大量に残っているため、仕上がりは甘口になる。一方、発酵しきった後に添加すると、糖分が残っていないので辛口になる。使用するブドウ品種や蒸留酒の種類、熟成の方法、期間によっても味わいは異なる。

酒精強化ワインは中世の英国人が広めたといわれている。まだガラス製のボトルが普及していなかった時代に、スペインやポルトガルからワインを輸入する際、長旅による品質の劣化を防ぐために蒸留酒を加えたところ、品質が安定し、味わいも英国人好みになった。このため、英国で人気が出たとされる。

酒精強化ワインの国別の輸入量を見ると、今でも英国は、シェリーは1位、ポートはフランスに次ぐ2位だ。その英国で昨年、小売店での酒精強化ワインの売り上げが、量で前年比7.5%、金額で同12%増加したと、専門誌ドリンクス・ビジネスが報じている。シェリーは各13%、15%とひときわ伸びが大きかった。今年に入ってからも好調を維持しているという。

正確な理由は定かでないが、量より金額の伸びが大きいのは、比較的、高価格帯の商品が売れていることを示唆している。世界的なコロナ禍で外出がままならない中、家飲みでプチ贅沢(ぜいたく)を楽しむ英国人の姿が浮かんでくる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド