100均の「プロっぽい」梱包用品 フリマや在宅勤務にワッツがお薦めする便利な100円グッズ(前編)

ワッツ(大阪市)は、「Watts(ワッツ)」のほか「シルク」「ミーツ」などの店名で、全国に1000店舗以上の100円ショップを展開している。商店街に出店する小中規模店舗も多く、1個から購入できる充実のオンラインショップや、100円刻みに設定された100円以上の商品の充実ぶりでも知られる。そのワッツの人気商品を2回に分けて紹介する。今回のテーマは、同社の多くのショップで品ぞろえが充実している「梱包用品」だ。

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や在宅時間の増加で、宅配便のヘビーユーザーになったという人は多いだろう。買い物に行く代わりに通販で物を購入する機会が増えたほか、仕事の書類を送付したり、里帰りを断られた実家に贈り物をしたり、ステイホーム中の大掃除で出た不用品をネットフリマに出品したりと、出荷する側に回ることも増えている。そんなときに役立つ「ワッツ」の人気梱包用品。まずはサイズ確認に便利なグッズから紹介しよう。

宅配のプロが使うような便利なメジャー

軽量で小型、巻き戻しはワンタッチ
160センチメートルまで測れる

「宅配サイズメジャー」は、宅配便のカウンターやコンビニで、係の人が段ボールのサイズを測るときに使っているようなプロっぽいメジャー。宅配料金は段ボールの3辺の合計サイズで決まることが多い。そこでこのメジャーは、60~160センチメートルまで、20センチごとにテープを色分けしている。縦、横、奥行きと続けて測っていくと、色で荷物のだいたいの合計サイズがわかる。もちろんテープの裏はセンチが表示されているので、宅配便だけでなく、普通のメジャーとしても使える。

箱の厚さが基準内に収まっているかが一目瞭然

箱を穴に通すことで厚さが基準内に収まっているかが分かる
郵便ポストまで行ったものの入らなかった、という失敗をしなくて済む

段ボールの「厚さ」を中心に測るなら「発送用厚さ測定定規 BK」という定規タイプもある。フリマアプリなどの発送でよく使われる「ゆうパケット」は、郵便ポストから投函(とうかん)ができて、相手の家のポストに届けてくれる郵便局のサービス。送れる箱のサイズは3辺の合計が60センチ以内だが、厚さ1センチ以内250円、2センチ以内310円、3センチ以内360円(すべて税込み)と厚さによって料金が変わる。

そこで、この定規の出番。1センチ厚、2センチ厚、2.5センチ厚、3センチ厚と4つの穴が開いていて、それぞれの穴に箱が通ればその厚さだと、簡単にパッケージの厚さがわかる。

それぞれの穴の上には、「クリックポスト」「ネコポス」「ゆうパケット」などのサービスの規定サイズも書いてあるので、一辺が穴の幅(25センチ)より小さい箱なら、縦横のサイズも測ることが可能だ。特に郵便ポストに入れるだけで送れるゆうパケットなど、料金不足や超過にならないよう、箱の計測はしっかりと!

次のページ
簡単に組み立てられて、各種配送サービスに対応
MONO TRENDY連載記事一覧