アンダー40mmで袖口すっきり 洗練「小径」時計10選

MEN’S EX

2021/3/10
MEN'S EX

手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な一部であり、手元の主張は時に言葉以上の説得力をもつ。ゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。




秘めた強い意志を感じさせるアンダー40mmの時計たち

山椒は小粒でもぴりりと辛く、小さくとも針は呑まれない──小敵と見て侮る勿れ、できるビジネスマンはこれ見よがしではなく、己に鋭い武器を秘めている。腕時計もまた、同じである。袖口に収まりやすいアンダー40mmのモデルは、時を確かめる際にだけ姿を現し、その機能を全うする現代のビジネスマンにとっての懐刀。存在を主張する大型の腕時計は、力強さを演出してくれる。対して小ぶりなケースに精緻なメカニズムを収めたモデルは、上品かつ秘めた強い意志を感じさせる。時間を見るために、腕を伸ばすことで袖口をたくし上げる所作も、紳士的でエレガント。そんなアンダー40mmには、歴史的名作が数多い。時代を超えて愛されるサイズ感なのだ。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)ロイヤル オーク オートマティック

34mm自動巻きは、ロイヤル オークの歴史の中でも初。小さくともビス留めした八角形ベゼルやケースとブレスレットとの滑らかな融和といった造形美は、オリジナルを踏襲。さらにバイカラーで特徴的なディテールは際立ち濃密さを増した。自動巻き。径34mm。SS+18KPGケース&ブレスレット。240万円(オーデマ ピゲ ジャパン)

A. LANGE & SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)サクソニア・アウトサイズデイト

12時位置に威風堂々たるアウトサイズデイトを掲げるダイヤルを、シルバーに染めた新色。WGのケースと黒いストラップとを組み合わせ、静謐なモノトーンに装った。針とバーインデックスもWG製。入念な手磨きによる輝きはダイヤルに浮き立ち、視認性も高い。ドイツの名門ならではの上質感が小さなケースに凝縮された。自動巻き。径38.5mm。18KWGケース。アリゲーターストラップ。298万円(A.ランゲ&ゾーネ)

BREGUET(ブレゲ)クラシック 7337

下にオフセットしたダイヤルの上部に、日・曜日各表示窓とムーンフェイズを配置する。初代ブレゲが1823年に販売した懐中時計に範を取るダイヤルが、初めてブレゲブルーをまとった。スモールセコンド内をダミエ柄に改めるなど、ギヨシェ装飾も一新。メゾンの伝統を受け継ぐ意匠は、クラシカルで小ぶりなケースにふさわしい。自動巻き。径39mm。18KWGケース。アリゲーターストラップ。466万円(ブレゲ ブティック銀座)

Watch Special 2021

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2021」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2021はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram