初夏も秋も 長~く着られる大人のスプリングコート

春のコートという名前だが、合わせるもの次第で長く楽しめそう
春のコートという名前だが、合わせるもの次第で長く楽しめそう

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では「シューズ」に続いて、「アウター」の記事がよく読まれていた。

「アウター」に関連する記事の内容をみると、「スプリングコート」が頻出語となっていた。

春先のアウターといえば、まず思い浮かぶのがスプリングコートだ。ただ、冬用のコートに比べて着られる期間が短いイメージもある。どうせ手に入れるなら、春先だけでなく、ほかの季節でも使える一着を選びたいところだ。今回はこの春注目すべきスプリングコートをFACYに登録する各店に聞いた。

オフにも使えるカジュアル仕様 英国老舗のコートをアレンジ

「長く着られるスプリングコートを選ぶなら、リネンやウールのような季節感のある生地を使ったものは避けたいですね。通年で使えるコットン素材を選ぶのがおすすめです」

そう教えてくれたのはEDIFICE(エディフィス)新宿店の三浦健司氏。エディフィスがMACKINTOSH(マッキントッシュ)に別注したバルカラーコートを紹介してくれた。

マッキントッシュ定番のバルカラーコートをベースにした一着。ブランドの代名詞的なゴム引き生地ではなく、やわらかなチノ素材に変更。ネイビーカラーも展開している。MACKINTOSH / 別注 BALNAMOON チノ 8万6900円(税込み)
滑らかな触り心地の国産コットン地を採用

「マッキントッシュの定番コートですが、生地を変更することで、アイテム特有のドレッシーさを抑えています。フロントも比翼仕立て(前たてを二重にしてボタンを隠す仕様)ではなく、閉めたときにボタンが見えるボタンスルーの仕様にアレンジし、よりカジュアルなシーンでも使いやすい一着になりました」

高級感は保ちながらも、堅苦しい雰囲気がなく、オフのコーディネートにもなじみやすそうだ。合わせるアイテムのおすすめも三浦氏に聞いた。

三浦氏の着こなし。オレンジのニットがベージュによく映える

「トップスは白のシャツ、ボトムスは色落ちしたオーバーサイズのデニム、という組み合わせは春らしくていいかなと思います。より今年らしさを意識するのであれば、インナーに鮮やかなオレンジやパステルカラーなど、存在感のある色味を取り入れてみてはいかがでしょうか」

次のページ
オーバーサイズが苦手な大人も リーズナブルな価格も
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram